保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 自由診療とは?保険診療との違いやどんなケースで利用するのかを解説

自由診療とは?保険診療との違いやどんなケースで利用するのかを解説


病気やケガで治療をすると、「これは保険外の診療となります」と医師から言われることがあります。

保険診療以外の診療のことを、自由診療または自費診療と言いますが、その違いをご存じでしょうか。自由診療と保険診療との違いや、利用するケース例について解説します。

自由診療とは?

自由診療とは、健康保険が適用にならない診療行為を指します。厚生労働省が承認している治療や薬については、健康保険が適用になりますが、それ以外の診療は保険が適用になりません。

厚生労働省が認めていないからといって、それが「危険な診療や薬である」ということではありません。まだ国内での治療実績が少なかったり、その治療法を使える病気になる人が少なかったりするため、認めていないというだけです。実際に医師が自由診療を提案し、行うケースはたくさんあります。

保険診療との違い

自由診療と保険診療との一番の違いは診察料です。保険診療の場合、保険が適用になるため、自己負担は1~3割となります。

風邪を引いたとき、医者にかかると診察代は1,000円程度、薬代は数百円で済みますが、これは健康保険が適用になるためです。本来なら4,000~5,000円の請求となるところですが、7~9割を国が税金によって負担しているのです。

一方、自由診療を選ぶと全額自己負担となるため、支払い額が万単位になることは珍しくありません。また、保険内診療であれば、高額医療費により自己負担額の上限が決められていますが、保険外になるとそういった救済処置はありません。

風邪や胃炎などといった一般的な病気においては、ほとんどが保険診療で対応できますが、少し難しい病気になると、あえて医師から自由診療の話がなされることがあります。患者は話をよく聞き、医療費について納得したうえで治療法を決めることになります。

自由診療を利用するケース

自由診療を利用するケースとして一般的なものが、以下のような場合です。一部、自由診療ではあっても、公的な助成金を受けられる場合があります。また、民間保険の契約内容によってはカバーできるものも少なくありません。

がん治療において免疫療法や未承認の抗がん剤を使う場合

自由診療を受けるか、受けないかといった判断を迫られるケースが最も多いのが、難しいがん治療を行うときです。

免疫細胞を活性化させるワクチンなどを使って、がんへの抵抗力をアップさせる免疫療法、未承認の抗がん剤治療などがその例です。がん保険に入っていると、契約内容によっては治療費が一部カバーされます。

先進医療を受ける場合

大学病院などで開発・研究されている医療技術のうち、厚生労働省の承認を受けた技術を先進医療といいます。先進医療を受けると、保険内でカバーできる診療と、カバーできない診療とに分かれ、自己負担額が多額になる可能性が高いでしょう。

多くの医療保険で、先進医療についての契約項目があり、自己負担額が軽減されます。

歯科でより高度な虫歯治療やインプラント手術を受ける場合

歯科で虫歯治療を行う場合、保険診療を選ぶとプラスチックや銀歯等で詰め物をすることになります。

しかし、詰め物のモチや見た目の美しさを重視した場合、セラミックなどより強く白さを保てる詰め物を入れるという選択肢もあります。素材によっては保険適用外となります。

また、歯を失ったとき、保険内診療だと部分入れ歯や差し歯を活用することになりますが、「第二の永久歯」と呼ばれるインプラント手術を受けると、通常の治療よりもかなり長持ちします。このインプラント手術は保険外診療で、数十万円をかけることもあります。

不妊治療を受ける場合

不妊治療には、内容によって保険が利くものと効かないものがあります。保険が利かない不妊治療の代表格が、体内から卵子を取り出して外で受精させる体外受精です。

1回につき数十万円かかることもあります。ただし、不妊治療については自治体の助成金を受けられるため、公的に一部カバーされます。

妊娠・出産を行う場合

妊娠、出産は病気とはみなされず、妊婦健診代は保険外診療となります。ただし、出産育児一時金として一児につき一律42万円が支給されるほか、会社員であれば出産手当金がもらえます。

形成外科・美容外科などで見た目をよくするための治療を行った場合

形成外科や美容外科などで施術を受けたとき、身体の機能回復に関する治療は保険内となる可能性が高いですが、見た目をよくするための治療を行うと、保険外となることが多いでしょう。この場合は民間の保険でカバーすることもできず、自己負担になります。

おわりに

自由診療というと、「高額なもの」「特別な治療」というイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、実は自由診療は歯科や産婦人科など身近なところにもあります。

高額な医療費を支払うことになってしまったら、公的な助成金がないか、自分が入っている民間保険で賄えないかを一度確認してみましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む