保険見直しSOS > 保険の種類 > 加入数増加中のPL保険とは?その特徴や加入したほうがいいケースについて解説

加入数増加中のPL保険とは?その特徴や加入したほうがいいケースについて解説


食中毒や製品事故による損害賠償請求のニュースが日々話題となるなか、PL保険の加入数は年々増加傾向にあるといわれています。

「わが社も加入したほうが良いのか?」と考えている経営者の方や、危機管理部門担当者の方に、PL保険の特徴や加入したほうが良いケースについて解説します。

PL保険とは?

PL保険とは、物やサービスを引き渡した後に生じてしまった事故などに対して、補償金が支払われる保険です。PL保険の「PL」は、製造物責任(Product Liability)法、略して「PL法」から来ています。

例えば、施設の食事用に卸した食材が原因で集団食中毒を起こしてしまった、製造した家電が発火して家屋が全焼してしまったなどの事故が起こると、損害を被った側はPL法にのっとって裁判を起こすことができます。製造に関わった企業は、多額の賠償金を背負うことになりかねません。

賠償金は数千万円にのぼることもあり、訴訟を受けた側が中小企業であれば、あっという間に存続の危機に陥るでしょう。PL保険に入っていれば、賠償に関わる費用を保険が肩代わりしてくれます。

PL保険の特徴

どんなに慎重に作業を行っていたとしても、不運な事故は起こり得ます。企業のピンチに備えるPL保険の特徴は、以下の通りです。

法律上の損害賠償金を保険金で賄える

加入企業が生産や販売に関わった製品によって損害を被った被害者が、加入企業を相手取って裁判を起こしたとき、裁判によって生じた法律上の賠償金を補償してもらえます。

ただし、加入企業の故意による損害や、地震や津波といった天災による被害については補償されません。事故が発生せず、賠償金だけが求められた場合も補償されません。

訴訟や弁護士に関する費用を保険で賄える

被害者への賠償金だけではなく、訴訟費用や弁護士費用についても、PL保険が補償してくれます。その他、事故の拡大防止に努めるための費用や、保険会社の求めに応じて支払った協力費用なども補償されます。

リコール特約がある

本契約では、リコール費用の補償は対象外ですが、任意で加入できるリコール特約があります。事故を起こす可能性のある製品の回収費用、修理費用、新聞やテレビなどでリコールを知らせる社告費用などを補償してもらえます。

生産物の種類や支払い限度額によって保険料が決められる

保険料は、生産物の種類や、希望する支払限度額によって決められます。前年売上高や業種によっても違ってきますが、例えば限度額を1億円に設定すると、数十万円ほどの保険料を支払うことになるでしょう。

保険期間は原則1年間

保険期間は、原則として1年間です。継続する場合は、保険料の調整がなされることもあります。

PL保険に加入したほうがいいケース

「私は販売店をやっているから、PL保険は関係ない。販売物に何かあったら、訴えられるのは製造した側でしょう」と考えている経営者の方もいることでしょう。

しかし、PL法にのっとると、被害者側は製品の流通に関わった業者全てを訴訟の対象にできます。つまり、突然訴訟の矢面に立たされることは、どんな業種にもあり得るのです。

PL保険に加入したほうが良いケースについてまとめてみました。自分の会社にも当てはまると思ったら、加入を検討してみましょう。

食品を扱っている会社

農水産物加工者から販売店に至るまで、食品を扱っている会社であれば、PL保険に入っていたほうが良いといえます。人の口に入るものは、最もトラブルを生みやすいためです。

飲食店

食中毒を出したくないと願わない飲食店はありません。しかし、出てしまうときは、出てしまうものです。どんなに慎重に調理を行っていたとしても、安心のためにPL保険に入っておきましょう。

製造業

家電製品の部品などを製造しているなら、消費者のもとへ届いてからの事故はもちろんのこと、流通段階での事故もありうると想定しておかなければなりません。取引先企業に訴えられる可能性もあるのです。

建設業

建設業には、建物や工事の欠陥による事故の心配が常につきまといます。とくに人体に重篤な傷害を負わせる可能性も高いのがこのケースです。大変な人身事故であればあるほど、賠償金も跳ね上がります。

販売業

多くの場合、被害者にとって唯一の窓口となるのが販売業者です。欠陥のある商品を並べた責任を問われることも、ないとはいえません。

おわりに

PL保険は、会社の「万が一のとき」に助けてくれる保険です。「万が一のとき」は、いつやってくるかわかりません。それは人生と同じですね。

「自分の身に何かあっても、家族を守りたい」という感覚と同じように、「故意ではない重大な欠陥があっても、社員を守りたい」という心情で、PL保険への加入を検討しましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む