保険見直しSOS > 保険の種類 > こども保険とは?制度の内容や学資保険との違いを解説

こども保険とは?制度の内容や学資保険との違いを解説


「こども保険」といえば、あなたは何を思い浮かべますか。「子どもがけがや病気を負ってしまったときの保険」「子どもが他人にけがを負わせたりものを壊したりしたときの保険」と答える人もいるでしょう。もちろんそれも、子どもが対象の保険です。でも今回は、自民党の「こども保険」制度構想について解説します。

こども保険とは?

こども保険とは、小泉進次郎筆頭副幹事長が中心となって、自民党の若手議員らが提言している新しい保険制度の名称です。2017年に「2020年以降の経済財政構想小委員会」でその構想が発表されました。

こども保険の内容は、例えば今、介護保険制度によって国の介護事業が支えられているように、こども保険制度によって子どもの養育、教育を支えていこうというものです。つまり国民全体が年間にいくらかのお金を「こども保険料」として国側に納めることで、政府は教育無償化や保育の充実を実現させるという仕組みです。

こども保険制度の概要

こども保険制度の構想は、少子化を本気で打開するために打ち出された対策ですが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。構想段階の概要を、政府の資料からまとめてみました。

参考:「こども保険」の導入~世代間公平のための新たなフレームワークの構築~
平成29年3月 2020年以降の経済財政構想小委員会

保険料率は0.1%~1%で、未就学児1人当たり月5,000円~5万円

気になるのは、「いくら払うことになるのか?」でしょう。構想では、保険料率は0.1%から始めるとされています。すると財源規模は約3,400億円となり、未就学児1人あたり月額で5,000円ほどに相当します。

ほかに料率0.5%の案、1%の案があり、それぞれ財源は約1.7兆円、約3.4兆円となる見込みです。0.5%なら未就学児1人あたり月2万5,000円、1%なら5万円に相当するとされます。

児童手当の充実、幼児教育・保育の実質無償化、待機児童ゼロ

財源の使途例として、まずは幼児教育・保育の負担軽減が挙げられています。具体的には、料率0.1%の時点で小学校入学前の子どもに対し児童手当を一人当たり月5,000円加算し、待機児童ゼロを実現させることがうたわれています。また、年収360万円以下の世帯の保育料を完全無償化することも、施策として挙げられています。

料率を上げるにつれて、児童手当の加算がアップするとともに、幼児教育・保育の実質無償化がかなうとされています。また、最終的に料率を1%にまで上げれば、第一子に対する支援強化など、より踏み込んだ政策が実現すると見込まれています。

子どもが必要な保育や教育を受けられないリスクを支える

「こども保険」などというと、「とうとう子どもを持つことも『リスク』として考えられるようになったのか」と寂しい思いをする人もいることでしょう。しかし、こども保険は、「子どもに必要な教育を受けさせてあげられない親」のためのものではなく、子ども自身のものです。

まぎれもない国民の一部である子どもという存在が、必要な保育や教育を受けられないリスクを抱えるのは、国として由々しき問題です。ですから、それを国民全体で支えるための保険として、こども保険は考案されています。

ただ、だからといって「子どもを持たない選択をした人も保険料を支払わなければならないの?」と疑問視する人の声は無視できないでしょう。介護保険といい健康保険といい、これまでの保険や年金は、保険料を支払う人自身のリスク管理のためのものでした。こども保険を導入するときには、国民すべてを説得できる論理が必要になってくるでしょう。

こども保険と学資保険の違い

子どもの将来に備える保険といえば、学資保険もあります。こども保険と学資保険には、どのような違いがあるのでしょうか。

制度としての「こども保険」は始まれば義務化される

制度としてのこども保険は、公的保険です。正式に採用され、運用が開始されたら、一律料金ではないとしても、働いているすべての人が保険料を支払う義務を負います。

一方で、学資保険は民間の保険会社が展開している商品です。加入は任意で、かける金額も保障の内容も各契約によります。

こども保険は子どもを持たない限り還元されず学資保険は貯蓄性がある

公的保険であるこども保険は、子どもを持たない限り、その恩恵を受けません。一方で学資保険は自分自身の子どものために加入する保険であり、満期時には契約に応じて保険金が受け取れます。将来のために保険の形で貯蓄しているともいえます。

こども保険は幼児からフォローするが、学資保険は大学進学に焦点を置く

こども保険は、現在の制度設計案を見ると、幼児や児童の教育・保育から支えていくことが重視されています。一方、学資保険は、多くが大学進学直前を満期として、保険金を受け取れる仕組みになっています。小学校就学時や高校就学時にお祝い金があったとしても、大学進学時に比べればかなり金額が抑えめです。

こども保険が実現しても学資保険での教育費用の備えは必要

子どもにお金がかかるのは幼児や児童のころだけではなく、むしろ高等教育を受けさせるにつれて多額のお金が必要になります。こども保険は高校・大学の将来的な無償化も目指しているようですが、その道のりは遠いでしょう。わが子が好きな道を選べるよう、学資保険での教育費用の備えは必要です。

また、学資保険は貯蓄型だけではなく、子どもの病気やけがも保障するタイプがあります。契約者である親が亡くなった場合は、その後の支払いを免除され、かつ予定通りの保険金が受け取れる仕組みを導入している商品も多いものです。さまざまなメリットがありますので、子どもを授かったらすぐに検討するのをおすすめします。

おわりに

こども保険が実現すれば、小さい子どもを抱えた親御さんたちはホッと一息つくでしょう。しかし、だからといって「子どもにはもう保険をかける必要がない」と思うのは、ちょっと早急すぎるかもしれません。公的な医療保障は整備されていますが、民間の医療保険に入る人は後を絶ちませんよね。

公的保障と、足りない部分をフォローする民間保障の2つを合わせることでやっと安心できるのは、子どもについても同じです。こども保険の行方を気にしつつも、学資保険をしっかり検討し、子どもが将来満足な保障を受けられるよう、準備を始めましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む