保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 懸賞は意外と当たる!?懸賞で当選しやすくなる7個のコツ

懸賞は意外と当たる!?懸賞で当選しやすくなる7個のコツ


懸賞に応募したことがありますか。どうせ当たらないと、最初から諦めている人は、きっと懸賞で当選しやすくなるコツを知らないのでしょう。懸賞は、意外と当たります。注目すべきは景品の内容ではなく、懸賞の条件や当選人数です。

懸賞によく当たる人はコツを知っている

なぜか懸賞によく当たっている人が、身近にいませんか。「きっと運がいいのだろう」とうらやましく思うかもしれませんが、懸賞によく当たる人は、当たるコツを知っています。大事なのは場数を踏むこと、そしてどんな検証が当たりやすいのかを知っていくことです。懸賞初心者でも当たりやすくなるコツを伝授しましょう。

懸賞で当選しやすくなるコツ

文字はとにかく丁寧に書く

基本中の基本ですが、応募はがきは丁寧に記入しましょう。字がきれいなほうが当たりやすいということではありません。住所や名前が読めないと、景品を届けることができなくなってしまうためです。読む人の立場になって、なるべく読みやすい字を書きましょう。

ローカルなタイアップキャンペーンが狙い目

懸賞には、全国で展開されているナショナルキャンペーンと、特定のスーパーなどと企業が提携して展開するタイアップキャンペーンがあります。タイアップキャンペーンの中でも、なるべくローカルなスーパーやドラッグストアで募集している懸賞を選べば、ライバルがそのぶん少なくなり、当たりやすくなります。

クローズド懸賞のほうが、応募者数が少ない

懸賞には、誰でも応募できるオープン懸賞と、応募に条件のあるクローズド懸賞があります。クローズドの応募条件には、「スーパーで買い物をしたときのレシートを貼る」といったものがあり、オープンより手間がかかるので、応募者数がぐっと少なくなります。手間がかかり、面倒に思えるようなものが条件であるほど、応募する価値があります。

応募期間が短ければラッキー!

応募期間が短ければ、そのぶん応募者数が抑えられ、自動的に当たる確率が高くなります。たまたま目に留まった懸賞の応募期間が短く、期限が過ぎていなければラッキーと捉え、応募してみましょう。

抽選日は早めを狙う

抽選日が何回かに分かれている懸賞があります。すると応募者は「何回もあるから、また次に応募すればいい」と後回しにしがちです。よって、1回目の抽選日に間に合うよう応募すれば、ライバルが少なく当たりやすいということになります。

当選人数が絶妙なところを狙う

当選人数は、少なすぎても多すぎても当たるのが難しいでしょう。「1名様に当たる」では、とうてい当たる気がしませんね。でも、「全国1,000人に当たる」となると、「当たるかもしれない」と思う人がたくさん現れ、倍率は高くなってしまいます。当選人数は、絶妙なところを狙いましょう。ローカルなら、200人程度が狙い目です。

デコはがきはじっくり読まれる懸賞なら効果あり

よく「マスキングテープや紙工作でデコレーションした応募はがきだと当選しやすい」という噂を聞きます。しかし、顧客データを端末に入力してから抽選を行う現代の抽選様式では、デコはがきを作ってもあまり意味がないようです。

ただ、ラジオなどはがきがじっくり読まれる可能性がある懸賞では、目立ったほうが効果があるといえるでしょう。俳句や絵など、作品を応募する懸賞であればなおさらのことです。

当たりやすい懸賞を狙えば当選率は上がる

以上のように、当たりやすい懸賞を狙えば当選率は上がります。懸賞に当たりやすい人は、「これがほしい」と思って応募しているのではなく、「当たりやすいかどうか」を考えて応募しているのです。

とはいえ、どんなに競争率が低そうでも、いらないものに応募してもしょうがないですよね。懸賞に応募するということは、そのぶん個人情報をばらまいてしまうということです。「当たりそうだから応募する」とシンプルすぎる考えに陥ることなく、その景品をもらって本当にうれしいのか、使い道はあるのかをいったん検討するようにしましょう。

おわりに

応募にコツがあるとはいえ、基本的に懸賞は「数打ちゃ当たる」の世界です。懸賞に当たりやすい人でも、もちろん外れた回数のほうが多いもの。できるだけたくさん応募することも、当選率を上げるためのコツといえます。
ほしいと思えるものがあったらどんどん応募し、当たる喜びを味わいましょう。当選者発表までのドキドキをたくさん経験すれば、きっと懸賞に病みつきになりますよ!

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む