保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 車両保険金額の目安は?後悔しない車両保険金額の決め方

車両保険金額の目安は?後悔しない車両保険金額の決め方


事故でぶつけた、盗難にあったなど、車両の破損や紛失を補償する車両保険の金額は、どのように設定すればよいのでしょうか。車両自体の金額や年式により、適正な価格は違ってきます。車両保険金額の目安と、後悔しない車両保険金額の決め方についてお伝えします。

車両保険の支払限度額は車両によって決まる

車両保険の支払限度額は、購入した車両の市場価値によって決まります。極端な例でいえば、10年落ちの中古車を50万円で買った場合、支払限度額を200万円に設定することはほぼ不可能だということです。

保険会社は車価表(自動車保険車両標準価格表)を作成しており、車の種類やグレードごとに、細かく支払限度額を設定しています。この車価表は共通ではないものの、保険会社によって大きく金額に差があるようなことはありません。

加入者は車価表によって、例えば「150万円から200万円まで」といった一定の範囲内で支払限度額が選べるようになっています。このように、加入者側が全く自由に保険金額を設定することはできませんが、選択の余地は残されています。

車両保険金額の目安と決め方

車両保険の支払限度額を、車両保険金額といいます。車両保険金額の目安は、ズバリ、その車両を購入した金額程度と考えていいでしょう。購入したときの金額とは、車両単体だけではなくさまざまな付属品をつけ、最終的に支払った金額のことです。

つまり、カーナビやフロアマット、ステレオなどのオプションをすべて含めた金額が、車両保険金額の目安となります。そして、購入時の金額が目安となるのは購入してから1年未満の新車の場合だけで、購入から年数がたつほど、車両保険金額は少なくなっていきます。

また、中古車の場合も、車価表に従って車両保険金額が決められます。ただ、中古車市場の価格の振り幅は大きいですし、車の状態が車価表通りではないこともあります。金額に違和感を覚えたら、保険会社とよく話し合うことが大事です。

なお、保険金額の決め方としては、新車であれ中古車であれ、提示された金額の上限ギリギリの金額を選ぶことをおすすめします。200万円から250万円までといった範囲内で、10万円単位で区切って決められることがほとんどですが、それぞれ設定されている保険料は大して変わらないことが多いためです。

車両保険料はどう決まる?

車両保険金額は車価表でほぼ決まるとして、車両保険料のほうは、どのように決められるのでしょうか。加入者自身の等級や、補償範囲が大きくかかわってきます。

保険金額と保険料は1年ごとに変わる

先に見た通り、車両保険金額は1年ごとに下がっていきます。よって、保険料もだんだん下がっていくということになります。

ノンフリート等級で保険料が変動する

一定期間事故を起こさなければ1等級ずつ上がっていくノンフリート等級によって、保険料は変動します。等級は、保険会社にとって加入者の信用度を表す指標です。長く無事故で等級が高ければ、事故を起こす確率は少ないとみなされ、保険料は安くなります。

一般型とエコノミー型で金額が大幅に違う

車両保険には、一般型とエコノミー型があります。一般型は、一般的な事故すべてが補償対象になりますが、エコノミー型の場合は対象となる事故の範囲が限られています。例えば自損事故や、相手の特定できない当て逃げなどの事例については、エコノミー型では補償対象になりません。

エコノミー型の保険料は、一般型に比べて3分の2程度に抑えられています。ベテランドライバーで自損事故を起こさない自信のある人などは、エコノミー型でよいと判断することもあるでしょう。

各保険会社の車両保険金額と補償範囲を比較して選ぼう

以上のように、車両保険には考えるべき要素が二つあります。車両保険金額と、車両保険料です。各保険会社の金額と、各契約の補償範囲を比較して選択する必要があるため、見積もりを取るようにしましょう。

おわりに

あえて車両保険に入らない人もいます。中古で安く自動車を手に入れ、大きく損壊したなら手放そうと割り切って考えられる人がその例です。新車であったり、運転歴が浅かったりする場合は車両保険に入ったほうが安心ですが、ある程度ベテランになってきたら、そもそも車両保険に入るべきか、そして継続すべきかどうかも、あわせて考えましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む