保険見直しSOS > 保険の種類 > 結構わかりづらい?保険と共済の違いについて

結構わかりづらい?保険と共済の違いについて


保険と共済の違いをご存じでしょうか。どちらも同じようなものという認識は、ある意味では正しく、ある意味ではちょっと違うかもしれません。

結構わかりづらい、保険と共済の違いについてお伝えします。

保険も共済も、万が一の保障をするという基本的なところは同じ

保険の種類としては、本人の死亡時に遺族を支える死亡保険、病気やケガのときに本人の入院生活などを支える医療保険などが代表的です。ほか、がん保険や女性保険など特定の病気に使える保険、子どもの教育費のための学資保険、車両保険、火災保険などモノへの保険があります。

共済も、万が一の保障をするという基本的なところは保険と変わりません。どちらも、生活していくうえでの不慮の事態に対し、金銭的な保障を行います。

保険は加入者と保険会社との契約、共済では加入者が組合団体に入会する

保険と共済の違いとしては、まずは制度の違いがあげられます。

保険は、一個人と保険会社との契約です。住んでいる地域、性別、職業に限らず、不特定多数の人が入れるのが、保険会社の保険の特徴となります。

一方、共済は、組合員に対する保障です。「JA共済」「とみん共済」「コープ共済」などが有名ですが、「JA」「とみん」「コープ」は、組合のある団体名などを表しています。

このように、それぞれの共済に入れる人はあらかじめ決まっているか、共済に入れば自動的にその組合員になるということです。

保険は保険料を運用するが、共済は非営利事業で掛け金を運用しない

保険の仕組みをご存じでしょうか。

保険も共済も、加入者から集めたお金をもとにして、「万が一」のことがあった人へ保障金を支払っています。いわゆる助け合い、相互扶助の精神が生きているといえるでしょう。

しかし、預かり金の扱い方が保険と共済では違い、保険会社は預かった保険料をもとに、公社債など失敗の少ない運用でお金を増やし、手厚い保障にあてています。

この仕組みを持って、オリジナルな商品や高額商品を提案することができるのです。保険による死亡保険の上限は、2億円程度にもなります。

一方、共済は非営利事業です。完全なる組合員の相互扶助を目的としているため、預かり金を運用して増やすようなことはしません。

掛け金は年齢や性別を問わず一定です。死亡保障額の上限は1千万円程度という共済がほとんどで、保障額の自由度が低いのが特徴です。

また、基本的に掛け捨てで、掛け金が余った場合には組合員に還元されます。

保険会社にはセーフティネットがあるが、共済にはない

保険会社には、生命保険契約者保護機構というセーフティネットがあります。

これは保険会社が破綻した際に契約者を助ける仕組みのことです。契約移転や保険金支払いが滞ることのないよう、援助を行ってくれます。

対して、共済にセーフティネットはありません。破綻すれば、契約者は掛け金を失うことになるでしょう。

保険は加入年齢が高まるにつれ割高に、共済は高齢者ほど保証内容が小さく

保険は、一般的には加入年齢が高まるほど割高になるのが特徴です。これは、年をとればとるほど病気やけがのリスクが高まるためで、「若い人と同じ保障内容なのだから、年を取ってからの加入は少し多めにお金を支払ってもらわないと」という考え方が、そこには垣間見えます。

一方、共済は老いも若きもみな同じ保険金を支払います。よって、若い人には少しだけ割高感があるでしょう。

ただ、年を取るにつれ保障内容が先細りするのが共済の特徴です。「若いうちはケガや病気になる人が少ないから保障を手厚く、年寄りになればみんな病気になるんだから均等に小さく」といえば、わかりやすいでしょうか。

おわりに 保険は自由度が高いのが魅力、共済は安さが魅力

保険はさまざまなプランがあり、組み合わせることによってより手厚い保障が可能になります。

保険と共済を比べた場合、保険の一番の魅力はその自由度であるといえるでしょう。
自分のライフプランをじっくり検討し、ピッタリの保険を見つけられれば、それはとても価値ある買い物といえます。

一方、共済は自由度こそ低いものの、その安さ、手軽さが最大の魅力といえます。掛け捨てでもあるため、若いうちに「とりあえず」入る、中年以降になって「念のため」保険と組み合わせて入るといった活用がおすすめです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む