保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 賃貸の火災保険は自分で選べる! 最適な火災保険を選んで節約するための見直しポイント

賃貸の火災保険は自分で選べる! 最適な火災保険を選んで節約するための見直しポイント


住宅の賃貸契約をする際に求められるのが、火災保険への加入です。しかし、この火災保険、実は自分で選べるということは意外と知られていません。

必要な補償を見極めて適切な保険を選べば、保険料を節約できる可能性は十分にあります。

賃貸の火災保険は自分で選べる

賃貸物件を契約しようとすると、不動産会社の用意した火災保険に加入することが多いのではないでしょうか。しかしこの火災保険は、必ずしも不動産会社指定の保険に入らなければならないとは限りません。

火災保険の加入自体は必須ですが、どの保険に入るかは自分で選択することも可能なことが多いのです。

一方、なかには「指定の火災保険に加入することが賃貸契約の条件です」と言われることもあるかもしれません。しかし、その場合でも保険のプランを選べることがあります。

それならば、どうして不動産会社は火災保険を指定するのでしょうか。それは、物件への保険を万全にしておきたいという意図のほかに、「火災保険の代理店としても利益をあげたい」という狙いがあることも少なくないからです。

悪質なケースでは、家財の価額を高めに見積もった保険プランで高額の保険料を得ようとすることもあります。

賃貸の火災保険の見直しポイント

入居者が加入する火災保険は家財を補償するというのがメインです。それに対して必要な特約をプラスすることになります。

火災保険を自分で選べるとしても、何を基準に選べばいいのかわからないという方も多いかもしれません。このとき大切なのは「必要な補償だけを得る」ことで「むだな保険料を支払わない」ということです。

主要な特約ごとにそのポイントをみていきましょう。

借家人賠償責任保険

入居者の火の不始末で火事が起こったり、ガス漏れで爆発事故が起こったりして賃貸物件が損害を負った場合に、入居者が家主に対して負う賠償責任を補償する保険です。事故の規模によっては近隣住居への損害賠償も発生して賠償金額が高額になることも。

賃貸物件入居者向けの火災保険では、この特約が火災保険とセットになっているものが多く、保険を自分で選ぶ場合もこの特約はつけておいたほうが安心といえます。

個人賠償責任保険

賃貸物件で水漏れによって階下の方の家財に損害が及んでしまうなど、日常生活のなかで他人に損害を負わせてしまって賠償責任を負った場合に補償される保険です。

集合住宅では、事故で他の入居者へ損害が及ぶことも少なくありません。そのため、この特約も付帯されていることが多いものです。

前述の借家人賠償責任保険が家主への賠償であるのに対して、個人賠償責任保険は他の入居者の方などへの賠償となります。

家財保険

他の入居者が発生させた事故などに起因して、自分の所有する家財が被害を受けた場合に補償される保険です。加入しておけば安心には違いありませんが、家財一式が失われるような被害はそうそうないと考えられます。

支払う保険料と起こり得るリスクのバランスを考えると、優先順位は少し下げてもいいかもしれません。

地震保険

一般的な火災保険では、地震や津波などを原因とする損害で住宅や家財が損害を受けた場合には、補償の対象とはなりません。それを補う特約が地震保険です。

日本各地で大きな地震もあり、地震保険には絶対入るべき!と思うかもしれません。しかし、地震保険の補償額上限はそれほど高額でない場合もあり、補償対象として認められる家財も限られることが多いです。

支払う保険料とリスクとのバランスを考慮して、加入を検討してくださいね。

途中解約する場合は解約返戻金を受け取ろう

「そうはいっても、もう入ってしまったから」という方も、保険は途中解約することができます。保険会社や不動産会社に確認してみましょう。

解約する場合は基本的に、前払いした保険料の一部が解約返戻金として戻ってきます。たとえば、2年分の保険料を前払いしていて1年3カ月後に解約すれば、残りの9カ月分から手数料を差し引いた額が戻ってくるというわけです。

必ず確認して受け取るようにしましょう。時期によっては、保険の更新時期まで待って、それから乗り換えたほうがより経済的メリットが生まれることもあります。

おわりに

賃貸契約の際、いつもなんとなく火災保険に加入していたという方は多いのではないでしょうか。しかし、その保険プランにはそれほど必要性の高くないものが入っている可能性があります。そうなれば、保険料が高くなるだけもったいないですよね。

火災保険は必要な備えですが、もったいないものにならないようにするためには、自律的に選ぶことが大切です。まずは、不動産会社の担当者に「自分で保険を選びたい」と相談してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む