保険見直しSOS > 保険の種類 > フリーランスの健康保険節約・退職金代わりになる! 将来のために加入を検討したい4つの制度

フリーランスの健康保険節約・退職金代わりになる! 将来のために加入を検討したい4つの制度


会社員時代には会社がしてくれていた税金の天引きや社会保険の半額負担も、フリーランスにはありません。もちろん退職金もなく、お金のやりくりや老後への準備に頭を悩ませる方も多いでしょう。

そんなときに検討したい制度をご紹介します。

フリーランスは厚生年金や退職金がない

会社員のころは会社で健康保険組合に加入し、保険料の半分は会社が負担してくれていました。

フリーランスになれば国民健康保険に加入することが大半で、保険料は全額自己負担です。国民健康保険の保険料は高額で、病気などで休むことがあっても傷病手当金の支給はありません。

年金についても、会社員のほうが有利です。フリーランスは国民年金にしか加入できませんが、会社員は国民年金に加えて厚生年金に加入できます。

「それだけ年金料が増えるのが嫌だ」と思う方もおられるかもしれません。しかし、厚生年金の保険料は会社が半分負担してくれますし、年金を2階建てにできるのは老後への安心感が違うでしょう。

そして、会社員にはある退職金も、フリーランスにはありません。

将来に備えて健康保険や年金を見直そう

フリーランスとして働くということには、会社員と違ったメリットや可能性がありますが、一方で金銭面ではさまざまなデメリットがあります。ただでさえ年金不安などが叫ばれるなかで、老後への不安がより大きくなるということもあるでしょう。

その不安から抜け出すには、節約や貯蓄、老後資金の準備などを自分で考えて実行しなければなりません。そして、フリーランスだからこそ活用できる制度もあります。

節税効果、老後資金の積み立て、お得になる金額などがそれぞれ異なりますので、よく調べて検討してみるといいでしょう。

フリーランスが加入を検討したい制度

小規模企業共済

個人事業主が事業をやめた場合などに積み立ててきた掛け金に応じて共済金を受け取ることができる制度です。いわば、退職金を積み立てておくようなものですが、借り入れや途中解約もできます。

掛け金は月額1000円から7万円までの間で500円単位で自由に決めることができ、全額が所得控除です。

個人型確定拠出年金

会社員が国民年金に厚生年金を積み増せるように、国民年金にしか加入できないフリーランスが年金を2階建てに積み増すことができるのが、個人型確定拠出年金です。

ただお金を積み立てるのではありません。その資金をどう運用するかを自分で決められるのが特徴です。年金であるため、原則として60歳から給付金を受け取れるようになります。

原則として途中解約はできませんが、運用益は全額非課税、掛け金は全額控除です。その掛け金は、月額5000円から6万8000円までの間で1000円単位で自由に設定できます。

付加年金

これも、フリーランスが国民年金に上乗せできる制度です。国民年金の保険料に月額400円をプラスすると、老後に受け取れる老齢基礎年金の額が増えます。

増える額は「200円×付加保険料納付月数」で、受給開始後2年間でもとが取れる計算となり、プラス分も国民年金の保険料と同様、所得控除の対象です。ただし、国民年金基金に加入している場合は付加年金を納めることができないので注意してください。

文芸美術国民健康保険

フリーランスの場合、国民健康保険に加入することが大半ですが、職種がイラストレーターやデザイナーなどの場合はこの健康保険に加入できる可能性があります。文芸美術国民健康保険は、所得の額にかかわらず保険料が定額で、組合員は月額1万9600円、家族は月額1万300円、介護保険料は1人あたり月額4000円です。

該当する職種で所得が一定以上の方にとっては、保険料の節約につながります。

おわりに

フリーランスになると、税金や保険のことはすべて自分でしなければなりません。そして、負担が増えるだけでなく、不利な面も増えます。

会社員時代に会社に社会保険料を半額負担してもらえていたころがなつかしく思えることもあるのではないでしょうか。家族がいる場合はなおさらです。

フリーランスであることを生かし、経済面でも不安を解消するには、将来に向けて少しでも早く見直しを開始することです。場合によっては、法人化を検討することも視野に入れる必要があるかもしれません。

自分と家族の将来は自分で守りましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む