保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 生活費の節約に効果絶大! 必要なときだけ安く使えるシェアリングサービス5選

生活費の節約に効果絶大! 必要なときだけ安く使えるシェアリングサービス5選


かつては1人ひとりが所有することが当たり前だったさまざまなものも、いまや複数人で共有するのが珍しくなくなりました。

車、ファッション、遊休スペース……必要なときだけ活用できるシェアリングサービスは、便利で節約になります。

シェアリングサービス(シェアリングエコノミー)とは?

シェアリングサービスとは、1つのものを自分だけが所有するのではなく、複数人で共有することです。安価に使うことができたり、資源の有効活用として注目を集めています。

旅行などで不在にする家を旅行者に貸す、車に相乗りする、ファッションを共有して使いたい人が使う……などがその代表例です。こうすることで新たな経済活動が回り始めるため、シェアリングエコノミーともいわれます。

近年、このシェアリングサービスがさまざまなジャンルにわたって世界各地で展開されており、その影響はさまざまなところに波及してきました。日本でも、2016年に閣議決定された「日本再興戦略2016」の具体的施策の1つとして「シェアリングエコノミーの推進」が掲げられるなど、そのサービスの経済効果やシェアリングサービスが及ぼす新たな価値創造に注目が集まっています。

いろいろあるシェアリングサービス

ライドシェアリング

ライドシェアとは日本語で「相乗り」を意味する言葉です。友達や知り合い同士で車に相乗りするのはよくあることですが、個人の車やタクシーを知らない人と「相乗り」することでお得に移動するのがライドシェア。

代表的なサービスである「Uber」の場合、ユーザーはスマートフォンアプリを使って現在地や目的地を入力します。その情報をもとにして、その付近で利用できる車やその運転手の情報や、希望する目的地までの予想料金などが表示されるサービスです。

カーシェアリング

1台の車を複数人がそれぞれ使いたい時間だけ使うというかたちでシェアするカーシェアリングも人気です。コインパーキングのタイムズが運営する「タイムズカープラス」では、事前に入会を済ませ、パソコンやスマートフォンから使いたい時間の車を予約すると、当日は車に会員カードをかざすだけで車を使えるようになります。

出発したステーションに車を戻し、会員カードで施錠すれば返却は完了です。いま使える車を検索できるアプリがあったり、利用可能な車種も30種類以上と、利便性が高いという特徴があります。

自転車シェアリング

セブン-イレブンが始めたのが「自転車シェアリングサービス」です。現在展開しているのは、東京都の千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・大田区の7区となっています。

利用可能地域(大田区は貸し出しのみ、大田区内のみ利用可)は限定されていますが、セブン-イレブンの店舗数が生かされ今後が期待できるサービスです。

利用方法は、事前に会員登録を済ませておき、対象区域の200以上のポートからレンタルします。借りるときも返却のときもカードやボタンの簡単な操作で可能です。

大田区以外では、すべてのポートで貸し出し・返却ができるようになっています。

ファッションシェアリング

シェアリングエコノミーの波はファッションにも広がっており、月額料金を支払えばおしゃれな服や買うには高額なファッショングッズを借り受けることができるのです。「ベビー用品はレンタルや貸し借りで十分」と、ベビー服や子ども服のシェアリングサービスも増えており、目が離せません。

バッグのシェアリングサービス「ラクサス」では、1万6000種類ものバッグのなかから好きなものを借りて使うことができます。ブランドバッグなども持ち歩くことができ、通常使用で生じる程度の傷であれば保険もついているので安心です。

荷物一時預かりシェアリングサービス

「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ“荷持一時預かり”という珍しいシェアリングサービスを展開している「ecbo cloak(エクボクローク)」も注目を集めています。

カフェやゲストハウスなどの店がすいているときに空いているスペースを、観光客の方などが一時的に荷物を置く場所として使えるようにするものです。現在は、東京・渋谷を中心に100店舗以上が登録されています。

おわりに

世界各地で広まるシェアリングサービスですが、日本では既存の法律や業種との抵触もあり、欧米ほど活発に進んでいない面もあります。しかしながら、先に述べたように政府も施策の1つとして掲げ、2020年の東京五輪開催に向けてさまざまな規制緩和が行われるなど、シェアリングサービスに期待されている面も見逃せません。

「所有から利用へ」というのは、シェアリングサービスの普及を表す際によく使われる言葉ですが、独占所有をやめて共有・利用することで、ユーザーにとってもコストメリットやスペースの節約など、メリットが大きいサービスです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む