保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 【20代の保険の選び方】収入が少ないからこそ保険で万が一に備える!

【20代の保険の選び方】収入が少ないからこそ保険で万が一に備える!


20代のあなた、保険には入っていますか?「収入が少なくて、保険どころじゃない」と考えているとしたら、そんなあなたこそ保険に入るべきかもしれませんよ!

不慮の事故や病気など万が一に備えるための、20代の保険の選び方を解説します。

20代の医療保険は少ない貯金をカバーしてくれる心強い味方

まさかの事故や病気で入院生活を強いられたら、入院費用がかかるうえ、入院している間は働けなくなります。しばらくは貯金を切り崩して生活することとなりますが、「保険に入れないほど収入が低いのだから、貯金なんてあるわけない」と思う人も多いのではないでしょうか。

貯金が少ない人ほど、頼りになるのが保険です。不運にも大きな病気になってしまい、貯金が尽きて「これからどうすればいいんだ」と絶望する前に、医療保険にはきっちり入っておきましょう。

保険料は年齢が上がるほど高くなる

一般的に、保険料は年齢が上がるほど、そして病気の経歴があるほど高くなります。つまり若くて健康なうちに入ると、月々の保険料が安くあがるのです。20代から保険に加入することで、将来の保険料の負担を減らすことができるといえます。

若くて健康なうちは保険に関心がなく、30代、40代になり病気になったことをきっかけとして保険加入を考え始めると、保険料の高さに驚いてしまう人が少なくありません。抱えている病気によっては希望の保険に入れない場合もあります。そんな事態になってからでは、あとの祭りです。

20代の保険の選び方

20代、しかも独身であれば、死亡保険は必要ありません。自分の死によって路頭に迷うような家族がいないためです。自分が困ったときに支払われる医療保険に絞って、自分の希望に一番しっくりくるものを選びましょう。

医療保険には、大きく分けて2つのタイプがあります。定期保険と終身保険です。若い人に向いているのは安価な定期保険といわれていますが、全ての人に当てはまるわけではありません。それぞれの保険に向いている人を、タイプ別に解説しましょう。

「とりあえずの不安解消」という人は掛け捨ての定期保険を

「なるべく安く、必要なぶんだけ、とりあえず保険をかけておきたい」と考えている人には、定期保険がおすすめです。多くが掛け捨てで、支払った保険料は戻ってきませんが、そのぶん保険料が安めに設定されています。

「定期」という名の通り、定期保険は、保険料が支払われている一定期間だけ、保険が適用になるものです。もちろん更新も可能ですが、更新のたびに年齢に応じて保険料が高くなります。よって更新時期に「この保険で良いのか」をもう一度吟味して、場合によっては掛け替えをするのが一般的です。

定期保険は、結婚した、子どもが生まれたなどといった変化に応じて、掛け替えが気軽にできるのがメリットとなっています。まだライフスタイルの定まっていない20代には、ピッタリの保険といえるでしょう。

「バッチリしっかりかけておきたい」人は貯蓄ができる終身保険を

「若いうちは保険料が安いのだから、きちんと勉強して、ずっと継続できる保険に入りたい」と考えている人には、終身保険がおすすめです。終身保険は定期保険よりも保険料が高めですが、長く掛ければ定期保険よりもぐっとお得になります。

さらに保険料も一生変わらないため、若い頃に入っていれば安い保険料で一生の保障を約束されるのです。「終身」という名の通り、終身保険は、解約さえしなければ設定した保障内容が一生涯続きます。

なお、終身保険のなかでも貯蓄性のあるものを選ぶと、老後にまとまった金額を受け取ることができる場合もあるでしょう。一定年齢になっても健康なままなら還付金がもらえるため、「自営業なので、老後に年金をどれだけ受け取れるか不安」といった人は、貯蓄型を検討する余地があるかもしれません。

ただ、結婚した、子どもが生まれたなどライフスタイルに変化があると、死亡保険を含めた生命保険について考えなければならなくなります。終身保険は、「このまま独身を貫きたい」と思っている人や、「結婚後も仕事を続け、自分の保険は自分でかけたい」と考えるしっかりものの女性に最適といえるでしょう。

分からない時は保険相談を利用しよう


自分のこれからのライフスタイルも含めて考えると、「どういう保険がいいか、よくわからなくなってきた!」という人もいると思います。また、保険のタイプだけは決めたとしても、商品がたくさんありすぎてどれがよいかわからないという人が大半です。

そんなときには、迷わず保険相談を利用しましょう。できれば、特定の保険会社へ相談に行くのではなく、多数の保険会社の商品を比較紹介してくれる窓口に行くのが有効です。

おわりに

20代の保険選びは、自分がこれからどんなライフスタイルを描いているかによって変わってきます。「そんなことをいわれても、将来のことなんてまるでわからない!」という人には、安くて最低限の保障をしてくれる定期保険がおすすめです。

信頼できる相談窓口を見つけて、ピッタリの商品を見つけ出してもらいましょう!

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む