保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 保険に入りたくても入れない時がある?保険に入れない5つのケース

保険に入りたくても入れない時がある?保険に入れない5つのケース


生命保険に加入するときには、病歴や通院履歴を保険会社へ告知する必要があります。その内容によっては、保険に入りたくても入れない場合があるのをご存じでしょうか。

「入院や通院をした経験がなければ大丈夫でしょ?」と思っている人は、ぜひこの記事をお読みください。他にも、保険に入れないケースがいくつか存在しますよ。

保険の加入には審査がある

保険に加入するときには、健康状態について保険会社に告知をする手続きがあります。この申告をもとに、その保険に入れるか否かの審査が行われるわけです。

このとき、あまりに健康上のリスクが高すぎる人は、審査に堕ちてしまうことが多いでしょう。保険会社にとって、保険料を支払う可能性の高い人を多く抱え込むことは、商品の存続そのものを揺るがすことになるためです。

健康上のリスクが高いかどうかを判断する決め手は、既往歴に限りません。保険に入れないケースをまとめてみました。

保険に入れない5つのケース

現在、健康上の問題を抱えている

最も保険に入りにくいのは、現在、健康上の問題を抱えている人です。入院中、通院中を含め、経過観察にあるため薬を飲んでいるだけ、という状態であっても、審査に通らないことがあります。

また、健康か否かというのは、身体のことに限りません。うつ病など精神的な疾患があるときにも、審査を通るのは難しくなってしまうでしょう。

病歴がある

現在完治している病気であっても、病歴があるというだけで審査に影響を及ぼす可能性があります。どんな病歴が審査に落ちてしまう可能性があるかは、保険会社それぞれの判断基準となるため、一概にはいえません。ただ、がんやポリープ、ヘルニアなど、再発の可能性があるものを経験しているほど、審査に通りにくいということはいえます。

病歴があり、そのまま審査に通るのは難しいと判断されたら、特定部位が不担保になる条件を提示される場合があるでしょう。特定部位の不担保とは、例えば過去に胃炎を経験している場合、胃と十二指腸に関しては補償の適用外とするというようなことです。

妊娠している

「妊娠は病気じゃないから、OKでしょう?」と思う人もいることでしょう。確かに妊娠は病気ではありません。しかし、出産はときに生命の危険を伴うものです。妊娠や出産を機に何らかの不調が身体を襲う可能性も否めません。

「妊娠28週を超えると医療保険に加入できない」と明確に指針を示している保険会社も数多くあるほどです。

極端な体型

メタボ体型は、たくさんの健康リスクを抱えています。よって肥満が保険に入れない理由になってしまうことは、多くの人が納得できるでしょう。しかし、痩せすぎもまた、健康リスクを抱えていることをご存じでしょうか。

身長と体重のバランスにより、BMI値が標準を極端に外れていると、保険の審査を通りづらい危険性があります。BMI30以上は「太り過ぎ」、18以下は「痩せすぎ」とされてしまうので、ご自分が大丈夫がぜひ確認してみてください。

危険な職業

「危険職種」とされる職業についている場合、審査に通らなかったり、保険料が高額になってしまったりする可能性があります。危険職種とは、レーサーや消防士、ダイバーなどが代表的なものです。審査に通らないか、高額で契約するかは、保険会社によって異なり、加入できる金額の上限が決まっていることもあります。

また、危険とみなされる職種は、レーサーやダイバーなどわかりやすいものとも限りません。トラック運転手や林業の従事者、乗船員といった職種についても、その可能性があります。審査に通ったとしても、「職務中の事故は保険の対象外」などと条件をつけられてしまうことがあるかもしれないので、しっかり確認してください。

入れる保険があるか知りたい方は保険相談を

ここまで、保険に入れないケースをお伝えしましたが、審査基準は保険会社や商品によってさまざまです。一社で断られたからといって、諦めることはありません。

大切なのは、時間を浪費しないことです。そのためにも、まずは保険相談を利用しましょう。複数の保険会社の商品を比較し紹介してくれる保険相談員なら、審査に通りやすい商品を教えてくれるはずです。

おわりに

健康なうちは意識しないことですが、人は病気やケガと無縁ではいられません。いざ病気になってから「しまった、保険に入っておけばよかった」と悔やんでも後の祭り。

若く健康なうちから保険を活用し、万が一に備えましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む