保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > みんなどうして保険に入っているの? 保険に加入する3つの理由

みんなどうして保険に入っているの? 保険に加入する3つの理由


大人になると考えはじめることの一つが、生命保険や医療保険などの保険に加入するかどうかではないでしょうか。親からすすめられたり、加入する友人が増えたり、さらに結婚・出産となれば保険を検討する機会は増えることになります。

その一方、なんとなく必要そうだとは思うものの、その必要性が実のところよくわからないという方は少なくありません。保険の必要性は人によってさまざまですが、保険に加入する理由には共通するものも多くあります。

では、世の中の人たちがどうして保険に加入しているのか、その理由をみていきながら、保険の必要性を考えてみましょう。

保険は万が一の備えのために加入する人が多い

生命保険文化センターの2015年実施の調査によれば、生命保険に加入した目的の1位は「医療費や入院費のため」(58.5%)でした。次いで、「万一のときの家族の生活保障のため」(53.1%)、「万一のときの葬式代のため」(13.0%)の順となります。

この調査は3年ごとに実施されていますが、このトップ3は十数年にわたって続いており、万が一のときのための備えとして保険に加入している傾向がうかがえますね。

一方で、保険に加入しない理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。ニュース・コラムサイト「マイナビニュース」が2017年に実施した調査で、保険に加入していない理由として挙げられたのは、大きく分けて「必要性を感じない」「保険料が高い」の2つでした。

会社にお勤めの方は病気になっても健康保険で賄える部分も多く、家に貯金や資産のある方であれば何かあってもある程度の備えはすでにあると考えることもできます。そして、若い方であれば病気やけがの心配もまだ遠い話と感じるのかもしれません。保険に加入するかどうかは、「万が一の備えがどの程度必要か」という辺りにありそうです。

保険に加入する3つの理由


さまざまな人の加入理由をみていくと、備えに対してどのように考えているかということが浮き彫りになり、保険の加入を考えるうえで参考になります。

ここでは、加入の理由として多く挙げられるものを具体的にみていきましょう。

けがや病気に備えて

多少の病気やけがであれば健康保険で十分対応できることが多いですが、急病や事故に遭遇してしまった場合や、重い病気になって入院費や治療費がかさむ場合は、そうとも限りません。

手元の資金で対応できるかどうかという点を不安に感じる方が、その備えとして保険に加入するようです。最近では、三大疾病の一つであるがんを心配する声も多く挙がっており、がん保険も充実しています。

家族の生活のため

家族を抱える働き手に何かあって収入が途絶えてしまうと、家族全員の生活にダメージが生じてしまいます。万一亡くなってしまうことがあれば、その後の収入のめどが立たなくなってしまうのです。特に住宅ローンを借り入れて住宅を購入した家族の場合、前提としていた収入がなくなってしまうと、ローンの済が難しくなってしまうでしょう。

そうしたこともふまえ、何かあっても家族の生活が安定するようにと、死亡保障を目的とした生命保険に加入する方が多くおられます。

老後の生活資金のため

寿命の長期化が進む一方で年金不安が叫ばれる昨今、老後への備えを心配する人は増えています。そうした方が、老後の生活資金のためにと保険に入ることが増えてきているようです。

加えて、銀行の預金も金利が低い状況が続いており、資産運用の商品としても保険が注目されています。

保険はどうして必要なのか?

こうしてみていくと、保険が必要とされる理由は、「病気やけがに対する不安」「万一のときの家族の生活への不安」「老後の不安」という3つの不安に対する備えとして加入されていることが読み取れます。

普段生活していると、こうした“万が一”の出来事は自分には起こらないような気がなんとなくするものですが、「自分だけは大丈夫」とする根拠はどこにもありません。自分の生活はリスクと隣合わせであると考え、万が一のリスクに遭遇してしまってもその後の生活に困らないように備えておく必要はあるといえそうです。

ただし、その備えがどの程度必要かというのは、その人の状況によって異なります。先にも述べたように、公的な社会保険で多くの部分を賄えるという方や、資産があるので保険金が必要ないといった方は、その備えはすでにあると考えることも。

しかし、そうでない場合、保険は万一の備えとして有力な味方になり得ると考えられるでしょう。

おわりに

周囲の方にとって保険が必要だからといって、自分や家族にも必要とは限りません。しかし、リスクは誰にも存在します。「なんとなく」から考えを進めないまま、保険について何もしないでいるのは、考えられるリスクに対してあまりにも無防備です。

万一の備えとして保険が必要かどうかをきちんと見極めたうえで、保険の加入を考えてみましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む