保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 貯金できる人とできない人はココが違う! 貯金するための4個の考え

貯金できる人とできない人はココが違う! 貯金するための4個の考え


多くの方にとって、貯金は重要であり必要なものです。しかし、同じようにお金があったとき、堅実に貯めていける人もいれば、いつの間にかなくなってしまうという人もいます。貯金できる人とできない人、その違いは、日頃の考え方や行動の一つひとつに潜んでいそうです。。

貯金ができていない人も、貯金できる人が普段どのようなことを考えているか、どんな点を念頭においているかを知ることで、「そういうところに気をつければいいのか!」と必要なポイントを学ぶことができるでしょう。

貯金できる人とできない人はそれぞれ共通点がある

「貯金しないといけないのに、なかなか貯められない。どうすればいいだろう?」、そのような悩みをもつ人は少なくありません。お金に無頓着なわけではなく、節約を心がけているつもりでも、なぜかお金が貯まらない――そのような「貯金できない人」には、自分で気がついていないだけで、貯金できないだけの理由があるものです。

対して、「貯金できる人」には、きちんとお金を貯めるためにどうすべきかという考えや行動の指針があるものです。そのように、貯金できる人にもできない人にも、それぞれ似たような共通点があり、できる人とできない人には大きな差があります。

貯金できる人の共通点、日頃の考えを知り、「貯金できる人」になるための第一歩を踏み出しましょう。

貯金できる人の4個の考え

貯金の目標額を定めている

ただ漠然と「老後に向けて貯金を用意しておかなければ」と思うよりも、「○歳までに○万円貯める!」と具体性のある数字を目標に掲げるほうが、具体的にイメージしやすいものです。

その目標は根拠のある数字であるのがもちろん望ましいですが、「まずは50万円」「最初は100万円から」というように、きりもよく現実的にも考えやすいところから着手してもいいでしょう。

毎月の貯金額を決めている

目標が定まったら、その期間と金額をもとに、毎月の貯金額を算出してみましょう。その金額を毎月コツコツ貯めていけば、目標を達成できるというわけです。

確実に貯金をするためには、給与から天引きして直接銀行口座に入れてしまう自動積立貯金などを活用するといいでしょう。

毎月の支出を把握している

貯金をするためには、毎月の収入額と支出額をきちんと把握し、目標とした貯金額を捻出するためにどうしたらいいか計画を練る必要があります。

その際に考えたいのが節約です。家賃や通信費、保険料といった支出は、定期的に見直していきたいもの。そうして、家計をコントロールする必要があります。

目的別に使う銀行口座を分ける

一つの銀行口座ですべてのお金を管理しようとしても、「支出に回すお金」と「貯金しているつもりのお金」はいつしかごっちゃになってしまいます。貯金分を使い込んでしまうことのないよう、貯金は貯金、支出は支出といったように、使う銀行口座を分けましょう。

貯金については老後資金や趣味のための貯金など、複数の目的がある場合もありますので、そのときは貯金の目的別に口座を使い分けるのも有効です。

貯金できない人の考え

貯金できない人の共通点は、貯金できる人の反対と考えるといいでしょう。

目標額を具体的に定めずに、とりあえず貯金しようと考える

毎月の支出額や、クレジットカードの引き落とし額を把握していない

銀行口座やお財布が1つで、すべてのお金を管理しようとしている

特に大きいのは、「毎月の支出額をきちんと把握していない」という点です。無駄な支出の削減、節約の検討、貯蓄額の試算……すべては、金額の把握から始まります。まずは「毎月なんとなくお金がなくなってしまっている」という状態を脱しましょう。

また、貯金を続けるためには、目標意識も重要なポイントです。

「なんとなく老後に必要だろうから」といった考えでは、なかなか貯金は続きません。老後資金として貯めるなら将来どのぐらいの額が必要なのかを考えたり、趣味のために貯金するのであれば貯金するとどのような楽しいことが待っているかということを想像したり、「貯金することで得られるもの」を具体的にイメージすることがポイントといえそうです。

おわりに

「自分が貯金できないのは、給料が少ないからだろう」「収入がもっと多ければ、私だって貯金できるのに」といった考えは、必ずしも正しくありません。貯金できる人は、収入と支出のバランスを考えながら、貯金を毎月計画的につくり出す努力をしています。

貯金できる人の最も大きな共通点は、「お金の管理を計画的に行える」というところにあるでしょう。収入がいくらあって、毎月いくら支出があり、どのぐらい貯金に回せるか……現金と銀行口座、クレジットカードの使い方なども含めて、お金の流れを計画性をもってコントロールしているのです。

そのコントロール術ともいうべき考え方を生活にとりいれていきましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む