保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 結婚は保険加入や見直す機会、結婚を機に保険に加入するときの考え方

結婚は保険加入や見直す機会、結婚を機に保険に加入するときの考え方


結婚は、人生が大きく動くタイミングです。新しく家庭をかまえて配偶者とともに生きる結婚は、配偶者を悲しませたり経済的負担や家庭維持のための負担を増やすことのないよう、元気で長生きして家庭や家計を支えるための役割を背負うという責任が生じます。子どもが生まれれば、その責任はさらに大きくなります。

また、新たな家庭のために住宅を購入するとなれば、夫婦でがんばって住宅ローンを返済していかなければならないということもあるでしょう。そのように、状況が変わり責任が生まれる結婚は、保険を見直すべきタイミングといえます。

結婚を機に保険に加入する夫婦は多い

就職して働きはじめると、親や周囲から「保険に入ったほうがいい」と言われることは少なくありませんが、健康で背負うもののない独身の方は保険に加入しないまま過ごしているという方もおられるでしょう。しかし、結婚するとなれば、配偶者とともに元気で長生きする責任、購入した住宅のローンを返済する責任、子どもを育てあげる責任…いろいろな責任が生じます。

そうしたことを考え、万一の事態に備えて家族の生活を守るためにと、結婚を機に保険に加入する方は多いのです。とはいえ、いざ入ろうと思うと、どれを選んでいいかわからないということもあるでしょう。結婚する方が入るべき保険というのは一つにきまっているわけではないからです。

ライフプランとマネープランを考えてから保険を選ぼう

適切な保険の加入を考えるには、まずは今後の家族の「ライフプラン」と「マネープラン」を考えましょう。そのプランに合わせて保険を選ぶことが重要です。ライフプランとは、今後の人生の計画予定表のようなものです。

たとえば、「いつごろ子どもを生みたいと思うか」「住宅を購入するならいつごろか」「子どもをどのように育てていくか」「夫婦の老後はどのように過ごしたいか」といった人生のイベントについての希望を考え、それを実行する年齢や年月などの時間軸を考えます。すると、どの段階でお金が必要となるかといったことが見えてきます。

「この年齢で子どもを生むなら、出産・育児費用や教育資金の準備をしておかなければ」「住宅を購入するなら、資金を貯めておく必要がある」「夫婦の老後に備える資金はいつごろから必要となるか」といったように、いつまでにいくら程度必要なのかといったことを洗い出しておきます。これがマネープランです。

結婚を機に保険に加入するときの考え方

ライフプランとマネープランを考えることで、その時期ごとに必要な保障が見えてきます。そうしたら、それをもとに保険を選んでいくという流れで進めることで、無駄のない保険加入が可能になるというわけです。しかし、結婚に備えて必要な保障は一つではありません。いくつかの項目ごとに検討し、優先順位をつけて加入するのが適切です。

万が一に備える

若い世帯や子育て世帯で特に考えたいのが、家計を支える夫や妻が亡くなってしまった場合など万が一に備える死亡保障です。家族構成や貯蓄状況、残された家族の収入などをふまえ、家族が安定した生活を続けていくためにはいくらぐらい必要なのかを考えて必要な補償金額を設定するといいでしょう。

病気・けがのリスクに備える

大きな病気やけがをしてしまうと、通院治療や入院、手術などの医療費が必要となります。さらに問題なのは、収入が減ってしまったり途絶えてしまうことです。そうした事態に備えて、収入の補填にも使える医療保険には加入しておいたほうが安心です。

貯蓄を兼ねる

保険商品によっては、貯蓄性をもった保険もあります。基本的には万が一のときの保障を受ける保険として加入しておき、何かあれば途中で解約することで支払ってきた保険料を解約払戻金として受け取るということも可能になります。保険と貯蓄を同時に行うのは難しいものですが、こうした方法で貯蓄を兼ねるという考え方もあります。

若いうちか加入すると保険料が安く済む

基本的に保険は、若いうちに加入するほうが保険料が安く済みます。年齢があがってリスクが高まるほど、保険料は高くなりますし、それどころか加入できないケースも増えていきます。保険を後回しにせず、年齢の若いうちに保険に加入しておくのがいいでしょう。

すでに保険に加入している人は結婚を機に見直しを

前述のライフプランとマネープランからもわかるように、必要な保障というのはそのときどきで異なります。よく「保険は入りっぱなしではいけない」と言われるのは、必要な保障が変わっていくのでそれにともなって見直しが必要だからということなのです。

結婚前から保険に加入していたという方も、結婚すると必要な保障は大きく変わります。「入っているからそれでいい」ということではなく、夫婦でライフプランやマネープランを考え、そのプランにマッチした保険をきちんと考えましょう。

おわりに

結婚の前後は何かとあわただしく、保険の必要性は理解していても「そのうち考えよう」と後回しにしてしまうこともあるでしょう。しかし、「万が一」の事態はいつ起こるかわかりません。子どもを考える夫婦であればなおのこと、人生設計とそれに見合う保障を用意しておく必要があります。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む