保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 住宅ローン借入時に加入が必要な団体信用生命保険とは何か? わかりやすく解説します

住宅ローン借入時に加入が必要な団体信用生命保険とは何か? わかりやすく解説します


「団体信用生命保険(団信)」というものを聞いたことはありますか? 住宅を購入するときに住宅ローンを利用した方は、この団体信用生命保険というものについて説明を受け、加入するよう求められたという方が多いのではないでしょうか。

住宅ローンを借り入れるには勤務状況や収入などの審査を受ける必要がありますが、ほとんどの場合はそれだけではなく、借り入れと同時に保険に加入することが必要とされるのです。この団体信用生命保険というのがどういうものなのか、みていきましょう。

住宅ローン借入時に団体信用生命保険を条件としている金融機関が多い

住宅ローンの借り入れを考えるとき、まず思い浮かぶのが「審査に通るか?」ということでしょう。反対にいえば、収入が十分あったり堅実な勤務先である方は、住宅ローンについてもあまり心配していることはないかもしれません。

そんな住宅ローンの借り入れで意外と見落とされがちなのが、「団体信用生命保険(団信)」への加入です。一部の金融機関のローン商品やフラット35の場合は、団体信用生命保険への加入が任意となることもありますが、多くのケースではこの団体信用生命保険への加入が住宅ローンを借り入れる条件となります。

団体信用生命保険とはどんな保険なのか?

この団体信用生命保険とは、いわば住宅ローン専用の生命保険です。住宅ローンの借り入れは高額・長期返済になることが多く、返済期間中に万一のことが発生する可能性もないわけではありません。もしそうなれば、残された家族は生活資金の確保に加えて住宅ローンの返済という負担を背負うことになってしまいます。

また、金融機関側からみれば、もしローンの返済が滞るようなことがあれば損害が生じてしまいます。そのような事態に備えて生命保険に加入しておき、万一返済期間中に住宅ローンの債務者が死亡したり高度の障害を負ってしまった場合には、その保険金で住宅ローンを清算する――それが団体信用生命保険なのです。

団体信用生命保険の種類

通常の団体信用生命保険は、保険料が住宅ローンの金利に含まれているため、住宅ローンと別に保険料を払い込む必要はありません。フラット35を借り入れるケースで団体信用生命保険に加入する場合は、ローンの返済額とは別に保険料支払うことになります。

なお、団体信用生命保険は生命保険ですから、健康状態がよく、保険に加入できる状態であると認められなければなりません。その条件に満たない場合は、生命保険の引き受け基準が拡大された「ワイド団信」であれば加入できることがあります。基準が拡大されている分、金利(保険料)は少し高くなります。

団体信用生命保険は、基本的に債務者の死亡時や高度障害時に保障を受けることができますが、こうした状況以外にがん・脳卒中・急性心筋梗塞といった三大疾病、そのほか七大疾病や八大疾病になった場合にも保障を受けられる「三大疾病保障付団信保険」「七大疾病保障付団信保険」「八大疾病保障付団信保険」といったものもあります。こちらも保障範囲が広がる分保険料は高くなり、金利にその分が上乗せされることになります。

団体信用生命保険加入時の注意点

団体信用生命保険に加入する場合、いくつか注意すべき点があります。一つは、団体信用生命保険でカバーされる範囲です。前述のとおり、団体信用生命保険の保証を受けられるのは、基本的に債務者が死亡した場合や高度障害を負った場合です。

三大疾病保障付などを選んでいる場合はまた異なりますが、通常の団信であれば、病気やけがでは保障を受けられないことになります。病気やけがで収入が途絶えてしまっても保障対象ではなく、家族は少ない資金の中から住宅ローンの返済を求められることになってしまいます。

そして、団信加入後、もし実際に債務者の方がなくなってしまったら、家族の方はすぐに住宅ローンを借り入れている金融機関に連絡しなければなりません。連絡が遅れてしまうと、その後の保険料の支払いが滞ってしまうこともあります。

余分な保険料を払うことにならないかよく確認しよう

住宅ローンの借り入れに必要な団体信用生命保険ですが、もしすでに保険に加入している場合は、保険の保障範囲が重複していないかを確認する必要があります。もし重複してしまうと、保険料を二重に支払ってしまうことになってもったいないからです。

住宅ローンの借り入れとあわせて保険の状況も確認し、もし重複しているようであれば重複しないような保険の加入の仕方を検討するようにしましょう。

おわりに

住宅の購入にはさまざまな資金が必要になりますが、その最たるものが住宅ローンの返済です。その返済が、万一債務者に何かあっても滞らないようにする団体信用生命保険は、購入者にとっても心強い存在になるでしょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む