保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 年齢によって最適な保険が変わる! ライフステージで考える保険の選び方

年齢によって最適な保険が変わる! ライフステージで考える保険の選び方


医療保険や生命保険など、保険にはさまざまなものがありますが、基本的に共通しているのは「何かが起こったときに補償を得るために、備えとして加入する」ということでしょう。

しかし、その保障としてどういうものが必要なのか、何に備えておけばいいのかというのは、一つではありません。

まず、人によっても違いますし、同じ人のなかでも年齢やライフステージによって必要となる備えは変わってくるのです。

保険を選ぼうとするなら、まずは「今の自分や家族にはどのような備えが必要なのか?」ということを考える必要があります。

年齢やライフステージに合わせた保険を選ぶことが大事

けがや病気をしてしまって通院治療や入院などをすることになった場合に備える医療保険は、若くて健康な方であれば必要ないと思うこともあるでしょう。

しかし、年を重ねていくと、体が弱くなったり大きな病気にかかる可能性は増えていくことになります。

また、亡くなってしまった場合に家族の方などに保険金がおりる生命保険(死亡保険)も、まだ若く未婚の方であれば必要性は低いかもしれませんが、結婚してお子さんをもつようになれば、家族への備えの必要性は増していくでしょう。

このように、同じ方でも年齢やライフステージが異なれば、必要となる保険の種類やその必要性、万一のときに必要となる金額などは変わってくるのです。

したがって、保険も、そのときそのときの状況に応じて選んでいかなければ備えとして不足が生じてしまいます。

ライフステージで考える保険の選び方

20代〜30代の方の場合

ご自身がまだ若く健康である方の場合は医療費や死亡保障の心配は少ないと考えられますが、アクティブに活動することでけがをしてしまうこともあります。

社会人になれば、少なくともご自身の生活は支えていかなければなりません。けがや病気で医療費がかかったり仕事を休むことになってしまうような事態を考え、医療保障に加入しておくと安心できるでしょう。

そして結婚は、保険を見直すべき大きなタイミングの一つです。配偶者の就業・収入状況を考慮し、生命保険の加入を検討する必要が生じるかもしれません。

30代〜40代の方の場合

お子さんが生まれたご家庭では、本格的に家族への保障を考えるべきときです。お子さんが独立するまでの期間を支える、ご夫婦の病気に備える医療保険や、万一の場合の生命保険を確認しておきましょう。

お子さんの教育費も重要なポイントです。学資保険などを活用して、貯蓄と保障を手厚くしていくことを考えたいもの。

マイホームを購入する場合、住宅ローンの借り入れに際しては団体信用保険への加入を求められるケースが多いものですが、すでにほかの保険に加入している場合は、その保障範囲や保険料などの重複がないかどうか確認しておきましょう。

50代〜の方の場合

子育てや住宅ローンの返済が一段落しつつあり、ご自身や配偶者の方の身体的リスクや老後のことを考えていくタイミングです。生活資金に影響を与えないで済むような医療保険や、老後に安定的に暮らせるような老後資金の確保を考えて保険を選ぶといいでしょう。なお、保険の種類などにもよりますが、年齢が高くなり、リスクが高まれば高まるほど、保険料は高くなります。「若いころから入っておけばよかった」ということにならないように、先々に必要となりそうな保険のことも若いころから調べておくと安心です。

どの保険が必要かわからない時は専門家に相談を

保険にはさまざまな種類があり、医療保険一つとっても各社から数多くの商品が出ています。そもそも自分にとってどんな保険が必要なのか、必要としている保険は目の前に並ぶ保険商品のどれなのか…いざ保険を選ぼうとすると、自分ではなかなか決められないということは少なくありません。

そんなときは、各地にある無料保険相談窓口などに行き、保険の専門家に一度相談してみるといいでしょう。そうした窓口では、保険のプロフェッショナルがその知識と経験をもとに、相談する方の年齢やライフステージに応じて、必要となる保険の考え方やいろいろな保険商品の情報を聞くことができます。

おわりに

必要な保険は、人生で1種類だけではありません。年齢やライフステージが変われば、必要となる保険は変わっていきます。きちんと備えようと思ったら、まずはご自身やご家庭の経済状況やライフステージを棚卸ししてみることから始めてみましょう。いつ、どういうことになったら、いくらぐらいの保障が必要なのか――そうしたことが見えてくれば、保険も選びやすくなるはずです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む