保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 火災保険の「水災」で補償される範囲と補償されない範囲

火災保険の「水災」で補償される範囲と補償されない範囲


賃貸物件を借りるときや住宅を購入するときに加入することの多い「火災保険」。

名前だけ聞くとあたかも火災の被害だけが補償対象のように思われますが、実際にはそうではありません。

具体的にどこまで補償されるかというのは個々の保険商品や加入するプランによって異なりますが、火災の被害に対する補償をベースとしながらほかにもさまざまな補償を受けられるものが少なくありません。

そこで落雷や盗難、家財の損害などと並んで補償対象となることの多い分野の一つが「水災」です。

近年、台風や集中豪雨などの被害が相次ぐ日本で注目を集める水災への補償について、詳しくみてみましょう。

台風が多い日本では水災への備えが必要

火災保険の補償対象として挙げられる「水災」は、台風や暴風雨、集中豪雨などによって洪水や土砂崩れなどが起こることで、家屋が流されてしまったり居住部分が床上浸水してしまったりして受ける被害を指します。

もともと台風の多い日本では、海や川の近くにある住宅では水災による被害への備えが従来から叫ばれていました。

加えて、近年ではゲリラ豪雨や台風の日本上陸などによって都市部でも洪水が起こるようになり、水災の被害に対する備えが必要とされることが増えているといえます。

火災保険の「水災」で補償される範囲

前述のとおり、保険の補償範囲は個別の加入保険によって異なりますが、一般的に火災保険で補償範囲とされることの多い水災を具体的に挙げてみると、次のようなケースがあります。

・台風や暴風雨などによって河川の水量が急激に増え、洪水が発生した。その洪水で、住宅が床上浸水被害を受けた(洪水)。
・突然のゲリラ豪雨で排水の処理量が追いつかず、水があふれだし、住宅に浸水した(洪水)。
・集中豪雨などで山の斜面の土砂が崩れ落ち、住宅内に土砂が流れ込んだ(土砂崩れ)。
・発達した低気圧のために海水が防波堤を超え、浸水被害を被った(高潮)。

火災保険の「水災」で補償されない範囲

同じ「水」に起因する被害でも、火災保険では補償範囲とならないものもあります。代表的なものとしては、地震を原因とする津波や土砂災害による被害でしょう。

台風だけでなく地震も多い日本では、地震が原因となって起こる津波や土砂災害で家屋や家財が被害を受けることは十分考えられますが、その事態に備えるには、地震保険に別途加入する必要があります。

混同して考えやすいのが、「水ぬれ」や「漏水」による被害です。マンションの上階から水が漏れ伝わってきたり、給排水設備の不具合などが原因で起こる被害は、「水ぬれ」を補償範囲とする保険で手当を受けることができますが、「水災」とは別のものです。

同様に、水に関する自然災害が原因となる雪や雹(ひょう)などで家屋や家財が損害を受けた場合は、「雪災・雹(ひょう)災」という扱いとなり、「水災」の補償範囲とは異なることになります。

「水災」の補償の必要性は住んでいる場所によって変わる

先にふれたとおり、水災の被害は決して他人事ではなく、どこに起こっても不思議はないものです。

とはいえ、補償の必要性を厳密に考えるならば、住んでいる場所がどういうところか、すなわち保険をかける住居がどういう特性をもつ地域にあり、水災の被害を受けるリスクが高いかどうかということを確認したうえで検討するといいでしょう。

たとえば、河川や山・崖に近く洪水や土砂災害による被害を受けやすい立地、土砂崩れが起こったときに土石流の通り道になるような場所、自治体発表のハザードマップで水害危険地域とされている地域などの場合は、水災を補償対象とする保険プランを検討する必要性が高いといえます。

ハザードマップは、国土交通省や地方自治体のWebサイトで確認することができます。

おわりに

火災保険の加入は「不動産会社に迫られてなんとなく」ということも多く、その補償内容をきちんと理解しているという方はあまり多くないのが実状です。

しかし、その火災保険も、補償内容をきちんと精査することで、大切な住まいを守るためのより強い備えにすることができます。

多くの火災保険では、水災を補償対象とするかどうか選ぶことができます。

ただし、補償範囲を広げればそれだけ保険料が高くなりますから、ご自身や住まいの状況に応じて必要な保険と補償範囲を精査し、決めていくといいでしょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む