保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 楽観視していると危険! 老後破産を回避するための保険活用方法をご紹介

楽観視していると危険! 老後破産を回避するための保険活用方法をご紹介


近年、「下流老人」という言葉がよく聞かれるようになりました。下流老人とは、金銭的に逼迫した状態で生活する高齢者またはその懸念がある高齢者を指すもので、現代の高齢者の生活に関する問題を捉えた造語です。

そうした状態にある方のなかには、若い頃から苦労したり、問題を抱えていたりといった方ももちろんありますが、なかには、働いている頃は問題ない財政状況であったにもかかわらず老後に破産状態を迎えてしまう「老後破産」というケースもあります。

自分や家族の老後に備えるために、老後破産についてきちんと理解し、回避するための方法を考えておきましょう。

誰にでも起こり得る老後破産のリスク

「下流老人」「老後破産」といった言葉の普及が示すように、高齢者が金銭的に苦しい状態におかれ、健康で文化的な生活を営むことが難しくなるというケースが増加しています。

こうした問題に対して、「自分は貯金しているから大丈夫」「若い頃にちゃんと働いていれば老後も問題ないのではないか」と考える方もおられるかもしれませんが、こうした問題は決して他人事ではありません。

老後に金銭的な問題を抱える方のなかには、働いている頃は問題ない財政状況であったにもかかわらず老後に破産状態を迎えてしまうケースもあるのです。「自分は大丈夫だろう」と楽観視するのは危険です。

老後破産の原因

会社員や公務員といった労働できちんと身を立ててきた社会人が老後破産のような状態を迎えてしまう原因はさまざまですが、大きくわけるといくつかのパターンがあるとされています。

病気や事故で高額の医療費を支払うことになる

会社員時代に頑張って貯金していても、大きな病気にかかってしまったり事故に遭ってしまうなどして高額の医療費がかかってしまうと、その貯金をどんどん切り崩すことになってしまいます。

熟年離婚で財産分与をする

仕事ひとすじで生きてきていざ定年というときに、配偶者から離婚を切り出されて住宅や財産の大部分を配偶者に渡すことになれば、老後のあてにしていた退職金や年金に不安が生じます。

子どものための支出が続く

ワーキングプアや心身の健康を損ねたなどの理由で、子どもが大きくなっても就業せず実家に住み続けるケースは意外と多いものです。親としてはできるだけ面倒は見たいと思うものの、貯金を食いつぶすことになってしまうのは問題です。

そのほかにも、「退職金や貯金で資金運用をしたが失敗してしまった」「晩婚で遅く生まれた子どもに対して、過度な教育費を投入してしまった」などのケースもあります。

老後破産を回避するための保険活用方法

老後破産の原因となりやすいパターンのうち、比較的対策をとりやすいといえるのが医療費負担のリスクでしょう。日本の健康保険では、医療費が一定額を超えた場合にはその分の払い戻しを受けたり、患者の自己負担分に上顎を設けるような制度が用意されています。

加えて、民間の医療保険に加入しておくという選択肢もあります。前述のような制度を活用するとしても、払い戻しを受ける前に支払いをしなければならないケースもありますし、大きな病気で保険外治療を受けるようなケースも考えられます。

そうした場合に備えて、一定の条件で給付金を受けることのできる医療保険という備えがあるとより安心でしょう。

保険に加入すると、税金の計算上で控除を受けることができるため、節税にもなります。支払う税金を少なくおさえることができればその分を貯蓄に回すといったことも可能になります。

定年退職までに保険を含めた老後資金の計画を立てよう

老後破産のリスクを回避するために保険を活用するという方法は非常に重要ですが、大前提としては老後資金を確保するための資金計画が不可欠です。

定年退職に向けて着実に資金を貯蓄していくためにはまずは今の家計と資産の状況を把握して、支出や保険などについて見直すべき点を洗い出しましょう。生活レベルを適性に保てているかどうかの確認も、今の支出面だけでなく老後の生活を考えるうえでも有効です。

「今までお金のことをきちんと考えてこなかった」「保険や年金のことも実はよくわかっていない」という方は、この機会に勉強を始めたり、プロに相談してみるのもおすすめです。年金制度や保険のこと、投資も含めた資金計画といったことについては理解が難しいことも多いので、ファイナンシャルプランナーや保険相談サービスなどを活用するのもいいでしょう。

おわりに

老後破産の対策を考えるというと何か大変なことをするように思えるかもしれませんが、基本は「現在の家計と資産を把握して、老後に向けて資産形成する」という一歩一歩の積み重ねです。

年金不安も叫ばれ、マイナス金利で預貯金などによる貯蓄も従来のように頼りづらい時代に、保険商品をうまく活用すれば、家庭のさまざまなライフステージを支える味方にすることができるでしょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む