保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 出産時に健康保険から支払われる出産育児一時金の概要と手続き・申請方法を解説

出産時に健康保険から支払われる出産育児一時金の概要と手続き・申請方法を解説


妊娠・出産は母子ともに体の負担が非常に大きいものですが、病気ではないために公的な健康保険は適用されず、民間の医療保険も自然分娩では適用されないケースが大半です。

妊婦健診や分娩費用については住んでいる自治体からの補助などもありますが、妊娠から出産に至るまでにはさまざまな費用がかかるものです。

そうした時期に利用できる制度がいくつかありますが、そのうちの一つが「出産育児一時金」です。健康保険から受け取ることができるこの一時金について、制度の詳細や申請方法などについて詳しく見ていきましょう。

出産育児一時金とは?

前述のとおり、妊娠・出産については健康保険の適用外ですが、妊娠・出産をサポートするためのお金として健康保険から支給を受けられる一時金があります。

それが「出産育児一時金」です。この一時金を受け取るための条件は、国民健康保険または健康保険に加入していて、妊娠4カ月(85日)以上で出産していることです。

一時金の金額は、赤ちゃん1人につき42万円で、双子であれば84万円。ただし、産科医療補償制度の対象にならない出産の場合は40万4000円となります。また、加入している健康保険組合によっては、42万円に加えて独自の上乗せがあるケースもあります。

出産育児一時金の概要

一時金というと妊娠した家族がお金を受け取るイメージが思い浮かぶかもしれませんが、出産育児一時金は、妊婦ではなく出産する医療機関が出産育児一時金の申請・受け取りを行う(直接支払制度)ことが一般的です。

この方法では、健康保険から医療機関に対して一時金が直接支払われるため、妊娠した家族が出産費用を用意する必要がなくなるというメリットがあります。

出産費用の総額が一時金を超えた場合は差額を自己負担することになりますが、反対に出産費用が一時金より少なければ差額を受け取ることが可能です。

出産する医療機関が直接支払制度に対応していない場合は、医療機関を代理人として出産育児一時金の受け取りを委任するか(受取代理制度)、妊娠した家族が出産費用を支払ってその後で出産育児一時金を受け取る(直接請求制度)ことができます。詳細は、分娩の予約時に医療機関に確認しておきましょう。

出産育児一時金の申請手続き方法

出産育児一時金を受け取るには、申請手続きが必要です。手続きの窓口は、妊婦さん自身が会社員や公務員で勤務先の健康保険に加入している場合は、勤務先の健康保険担当者です。

妊婦さんが配偶者の健康保険の扶養に入っている場合は、配偶者の勤務先の健康保険で手続きします。妊婦さんが国民健康保険に加入している場合は、住んでいる自治体の国民健康保険の窓口で手続きしましょう。

直接支払制度を利用する場合は医療機関が健康保険組合に対して手続きを行いますので、医療機関と必要な契約を締結するだけです。受取代理制度の場合は、医療機関と申請書を作成して健康保険組合に提出する必要があります。直接請求制度で申請する場合は、前述の窓口に申し入れて必要な手続きを確認します。

出産費用は医療費控除の対象となる

出産費用は健康保険の適用外ではありますが、支給された出産育児一時金を差し引いた医療費は「医療費控除」の適用対象です。

また、妊娠中の定期検診・検査の費用や通院費用、出産のための入院時に公共交通機関で行くことが難しくタクシーを利用した場合のタクシー代、入院時に洗面用具など身の回りのものを買った費用なども対象になります。

そうした費用が一定以上発生した場合には所得控除を受けることができ、税額を安く抑えることができることになります。会社員などの方で源泉徴収を受けていて、医療費控除などで課税額が少なくなれば、還付申告で還付金を受け取ることが可能です。

おわりに

妊娠・出産には、喜びと同時にさまざまな不安がつきまといがちですが、お金に関する不安も例外ではありません。特に、出産時の費用は一般的に40万円から50万円と、金額も大きいものです。

そこで出産育児一時金を活用することによってその負担を軽減できれば、気持ちにゆとりをもって出産に臨みやすくなるでしょう。健康保険が適用されないとがっかりせず、こうした制度の存在を知っていれば、妊娠・出産の心強い味方になるはずです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む