保険見直しSOS > 保険の種類 > 高額療養費制度とは何か? 混合診療解禁など変化する状況をふまえて考えておきたい医療保険の必要性

高額療養費制度とは何か? 混合診療解禁など変化する状況をふまえて考えておきたい医療保険の必要性


大きな病気にかかってしまったときやけがをしてしまったとき、1日も早く治したいと思う傍らで気になるのが「医療費がどのぐらいかかるのか」「高額になる医療費を払えるのだろうか」といった経済的な不安ではないでしょうか。

そこで備えておこうと考えるのが、民間の医療保険です。通院や入院に対して保険金の給付がある医療保険は、いざというときの助けになります。

しかし、現在の日本の健康保険では、医療費の家計負担を一定以下におさえるような制度も用意されています。そうしたなかで、医療保険の必要性はどのように考えておけばよいのでしょうか。

高額療養費制度とは?

日本の健康保険では、医療費の負担が家計に過度に重くのしかからないよう、1カ月間の医療費の自己負担額に上限が設けられています。

これが「高額療養費制度」で、病気やけがなどをして病院や薬局で支払う医療費の自己負担分がこの上限額を超えると、あとで払い戻しを受けることができます。

日本では、会社にお勤めの方であれば勤務先で健康保険に加入し、自営業の方などは国民健康保険に加入するなど、健康保険の加入先がいくつかありますが、この高額療養費制度はどの健康保険にも備わっています。

自己負担の上限額は年齢や所得状況によって決まり、年収約370万~約770万円で70歳未満の方の場合であれば8万100円+αです。

1人・1回の支払いでこの上限を超えるようなケースはそれほどないかもしれませんが、自己負担額は1カ月の合計額で判断され、同じ世帯で同じ医療保険に加入している方の分の医療費も合算することができます。

ただし、自己負担額は医療機関ごとに計算されますので、複数の病院をまたいで支払った医療費については注意が必要です。

高額療養費制度があれば医療保険は不要?

高額療養費制度を利用すれば、一般的な社会人の医療費の自己負担は一月8万円強で済むというわけです。この金額も決して軽いものではありませんが、少なくとも何十万円もの金額を支払うことはないと考えられます。

加えて、加入する健康保険によっては別途給付を受けることができ、そうなれば最終的な自己負担額はさらに少なくなります。

そう考えると、民間の医療保険に加入する必要はそれほどないのでしょうか。通院や入院に対して保険金の給付を受けられる医療保険は確かに助けになるには違いありませんが、その保障を得るためには保険料を払い込むことになります。

支払う保険料の額とリスク、いざというときに必要な金額のバランスを考えると、医療保険に加入するのではなく、貯金というかたちでいざというときの備えにするという考え方もあるでしょう。

混合診療解禁で医療保険の必要性が高まる?

医療保険の必要性を考えるにあたって、おさえておきたいポイントがあります。それは、2016年4月からスタートした「患者申出療養制度」の存在です。

日本で診察や治療を受ける場合、健康保険が適用となり自己負担が1割~3割となる「保険診療」と、健康保険が適用されず全額自己負担となる「自由診療」があります。

従来は、保険診療か自由診療を合わせて受けることはできませんでしたが、この患者申出療養制度で認められると合わせて受けることができるようになったのです。

これによって、先進的な治療や未承認の新しい薬の使用などをしやすくなりましたが、それだけ医療費の自己負担が増える可能性が高まりました。

すべて保険診療であれば高額療養費制度を適用して上限をキープできますが、自由診療では全額自己負担であり上限はありません。こうした場合をカバーするための保障として、民間の医療保険が考えられるというわけです。

とはいえ、先進医療については、民間の医療保険でも保障範囲がさまざまですので、その点は確認しておきましょう。

医療保険の加入は将来の可能性もふまえて考えておこう

このように、高額療養費制度によって保険診療であれば一定の安心がありますが、この安心が将来もずっと続くとは限りません。少子高齢化で社会情勢がどんどん変わっていくなかで、制度が手薄になっていく可能性もあります。

前述の混合診療解禁のように、医療が変わっていくことで医療費の負担が増すリスクも考えられます。そうしたこともふまえ、「高額療養費制度があるから安心」と思い込まず、医療保険の存在も柔軟に考えていく必要があるでしょう。

加えて、現在の高額療養費制度も、入院時の差額ベッド代や食事代などは適用外ですし、入院が長期にわたるようなケースでは支出がかさんで手当や貯金では追いつかなくなるということもあるかもしれません。

そうした状況で、民間の医療保険に加入していれば、経済的なダメージをおさえることにつながるのです。

おわりに

大きな病気やけがのリスクを心配するときに、選択肢としてまず考えるのが民間の医療保険に加入すること――そういう方は少なくないでしょう。

しかし、公的な健康保険にも、医療費の負担を一定以下におさえる制度が用意されているのです。これを理解しておけば、最初の“砦”として心強い備えになるでしょう。

そのうえで、公的な健康保険ではカバーしきれないリスクや経済的危機に備えたいと考える場合には、民間の医療保険にもさまざまなメリットがあります。そうしたことを総合的にふまえたうえで、保険の備えを考えていくといいでしょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む