保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 低解約返戻金型終身保険に加入するメリット・デメリット、賢い保険の活用法

低解約返戻金型終身保険に加入するメリット・デメリット、賢い保険の活用法


保険料を積み立てておくと、保障が受けられるだけでなく、解約時や満期時に保険金を受け取ることができる「貯蓄型保険」は、保険加入を考えながらも貯蓄したいと思う方に人気のある保険ですが、なかでも高い注目を集めているのが「低解約返戻金型終身保険」です。

低解約返戻金型終身保険は、人気なだけあってメリットも多いものですが、やはりデメリットも存在します。その恩恵を最大限に生かすには、低解約返戻金型終身保険の特徴をきちんと理解し、活用する方法を考えたうえで検討していきましょう。

低解約返戻金型終身保険とは?

「低解約返戻金型終身保険」は「ていかいやくへんれいきんがたしゅうしんほけん」と読みます。その名のとおり終身保険の一種で、一生涯の死亡保障が付く保険です。終身保険の特徴として「貯蓄性がある」ということがよくいわれます。

それは、支払った保険料の一部が一定の利率で貯まっていき、解約した場合はそのお金が「解約返戻金」として戻ってくることがその理由です。

保険解約時に、払い込んだ保険料の何割が戻ってくるかという率を「解約返戻率(返戻率)」といいます。低解約返戻金型終身保険は「低解約返戻金型」と謳われているだけあって、この解約返戻率が低いという特徴があります。

しかしこれは、保険料を支払っている間だけのこと。保険料をすべて納め終えると反対に解約返戻率がぐっと高くなるのです。

低解約返戻金型終身保険のメリット

低解約返戻金型終身保険は、前述のとおり、保険料支払い期間中の解約返戻金が抑えられているため、通常の終身保険に比べて、保険料が割安に設定されています。

比較的安い保険料で終身の死亡保障が得られる――低解約返戻金型終身保険の保険としてのメリットとして最も大きなものといえるでしょう。

低解約返戻金型終身保険には、貯蓄という面のメリットもあります。保険料の払い込みを「貯金」として考えれば、確実に徴収され、早く解約すると損してしまうという状況も背中を押し、着実にお金を貯めていく助けになります。

そして、保険料をすべて払い込めば、払い込んだ分あるいはそれ以上の金額を受け取ることができるわけです。

低解約返戻金型終身保険のデメリット

いいことづくめのように思える低解約返戻金型終身保険ですが、裏を返せば、保険料をすべて払い込むまでは簡単に取り崩して現金化することはできません。

先に述べたように、払い込み期間の途中で解約すれば、支払った保険料より戻ってくる金額が低くなる可能性があります。お金が長期間拘束されてしまうというのは、場合によってはデメリットとなり得る点といえます。

保険を解約したい理由としては、現金化する以外にも保険を見直したいというケースもあります。必要な保障は年齢やライフステージによって変わっていきますし、保険料の負担も経済状況によって違ってくるでしょう。

しかし、低解約返戻金型終身保険は短期間で解約すれば損してしまうことになるため、途中で保険を見直したいといったニーズには適していません。

低解約返戻金型終身保険の活用法

こうしたメリット・デメリットをふまえた低解約返戻金型終身保険の活用方法としては、いくつかの選択肢があります。スタンダードな活用としては、死亡保障を得ながら老後資金を確実に貯めていくというものでしょう。

万一、被保険者にもしものことがあれば、残された家族は死亡保険金を受け取ることができ、葬儀費用や配偶者の老後資金に充てることが可能になります。

また、お子さんがいる家庭では、お子さんの学費を貯蓄するという用途で活用するという考え方もできます。お子さんの学費のための貯蓄方法としては学資保険が有名ですが、低解約返戻金型終身保険では親御さんの死亡保障を付けることができます。

学費として活用するためには、払い込み期間と保険料の設定が肝心です。

低解約返戻金型終身保険は死亡保障をしながら老後資金の貯蓄ができる保険

少子高齢化・長寿命化も加速し、年金不安も叫ばれるなかにあって、老後資金の貯蓄は重要な課題です。

こうした状況で、終身の死亡保障を得ながら老後資金の積み立て方法として活用できる低解約返戻金型終身保険は、人気が高まるのもうなずけます。貯まったお金は、年金として受け取ることも可能です。

さらに、低解約返戻金型終身保険は、相続税対策としても有効です。同じようにお金を家族に残すとしても、現金などで残す場合は相続税が課税されてしまいますが、死亡保険金には相続税の非課税枠があります。

保険料も割安で、一生涯の死亡保障もついている低解約返戻金型終身保険は、ほかの保険商品とは異なる利点があるのです。

おわりに

低解約返戻金型終身保険のことを詳しく知りたいと思ったら、保険会社や保険相談サービスの窓口、ファイナンシャルプランナーなどのプロフェッショナルに直接相談してみるのがいいでしょう。

終身の死亡保障、老後資金の貯蓄、子どもの学費の貯蓄、相続税対策…こうした目的に活用できる保険はほかにもあり、そうしたものと比べながら、詳しい解説を聞くことができるはずです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む