保険見直しSOS > 保険の種類 > 学資保険とはどんな保険なのか? 保障内容や選び方、目的について丁寧に解説

学資保険とはどんな保険なのか? 保障内容や選び方、目的について丁寧に解説

01


親御さんにとって子どもの誕生は喜ばしい人生の大きな出来事ですが、同時に悩みの種が増えることにもつながってしまうことが少なくありません。なぜならば、子どもが大きくなるまで成長を支えていくには、非常に高額な資金が必要となるからです。

なかでも、大きな出費となるのが子どもの学費です。少なくとも数百万円、私立の学校に通って大学まで進んだり学習塾や予備校を利用するケースであれば、1000万円はゆうにくだらないとされる学費をまかなうプレッシャーは相当のものでしょう。そこで活用したいのが、学資保険です。

学資保険とは?

「学資保険」とは、その名のとおり、子どもの教育資金を確保するために積み立てる保険です。「保険」ですので、生命保険や医療保険と同じように、毎月定められた保険料を支払い続けることになります。

そのかわり、子どもが一定の年齢になった段階で「お祝い金」や「満期学資金」として給付金を受け取ることができます。保険料や給付金の金額は商品や条件によって決められ、「こども保険」と呼ばれることもあります。

学資保険の保障内容

学資保険とは、前述のとおり教育資金の準備を目的とした貯蓄型の保険で、基本的な性質としては「満期を迎えた段階で給付金を受け取れる」という内容です。しかし、保険ならではの保障もあります。

大きな保障としては、保険の契約者である子どもの親御さんが万一死亡したり高度の障害状態になってしまった場合には、以降の保険料の支払いが免除されるというものがあります。加えて、医療保険特約を付加することで、子どもが病気やけがを負ってしまって治療が必要になった場合に治療費の補償を受けることも可能です。

学資保険に加入する目的

お金を貯めるのであれば銀行口座に貯金するという方法もありますが、学資保険を利用する目的としては大きく分けて2つの役割があります。1つ目は、教育資金の準備をより強固にする貯蓄としての役割です。学資保険は保険料の積み立てというかたちで強制的に貯蓄を可能にし、その金利も普通預金よりいいことが大半です。税制面でも優遇されており、支払った保険金は税額控除を受けることができます。

もう1点は、親に万が一のことがあった場合でも子どもの教育資金を確実に残せるという保険としての役割です。先にふれたように、契約者である親御さんが事故に遭ったり病気になって保険料を支払うことができなくなったら、それ以降の保険料は免除されます。子どもは契約のとおり給付金を受け取ることができますし、商品によってはさらに育英金が出ることもあるのです。

02

学資保険の選び方

学資保険に加入しようと考えるならば、いくつかの項目について検討する必要があります。まず、保険料に関する項目では、「月々の保険料をいくらにするか」「子どもが何歳になるまで払い込むか」という点があります。無理なく支払いを継続できるかどうか、もし途中解約した場合に解約払戻金がどうなるかといったことを考えながら決めていきましょう。

そして、給付金に関する項目で重要なのは、「子どもが何歳になるタイミングに満期を迎えるようにするか」という点です。18歳で受け取って大学進学に備えるべきか、17歳の段階で早めに受け取って備えとするか、中高などの入学時にも一時金を受け取れるようにするか、といったように、さまざまな選択肢があります。そのほか、子どもの医療特約を付加するか、保険の契約者を父母のどちらにするかといった項目も決めていくことになります。

学資保険は目的に沿って選ぶことが大事

学資保険を活用する基本的な目的としては、貯蓄と保険の2つがあることは先に述べました。しかし、すべての家庭に必ずしも学資保険が適しているかといえばそうとは限りませんし、貯蓄と保険の必要なバランスや給付金を必要とするタイミングも家庭により異なります。

学資保険を選ぶにあたっては、ご自身の家庭で必要とする貯蓄と保険について考え、学資保険に加入する目的を定めましょう。そのうえで、その目的に合致する保険商品と契約内容を選ぶことが大切です。

おわりに

計画的な貯蓄を可能にし、親に何かあっても子どもに確実に教育資金を残すことができる学資保険は、大事な子どものための備えとして非常に有用です。それだけに、学資保険は多くの家庭で利用されており、浪費ぐせがあって貯金が苦手だという方、貯蓄もしたいけど保険もかけておきたいといった方には特にすすめられています。

学資保険を最大限活用するには、できるだけ早い段階で加入するのが望ましいとされています。とはいえ、大切な保険を決めるには時間もかかりますから、まずは学資保険のことを知り、検討してみることから始めてはいかがでしょうか。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む