保険見直しSOS > 保険の種類 > 山岳保険は登山をするなら加入を要検討! 遭難した場合の救助費や山岳保険の内容を解説

山岳保険は登山をするなら加入を要検討! 遭難した場合の救助費や山岳保険の内容を解説

01


「登山」というと、以前は一部の登山愛好家やプロの登山家がするものといったイメージが強くありましたが、近年では幅広い層がスポーツやレクリエーションとして登山を楽しむようになってきました。それ自体は喜ばしいことですが、その半面、山に詳しくない初心者を中心に、思わぬ事故に遭遇してしまうことも増えてきました。

万が一山で遭難してしまうと、その捜索のためには莫大な費用がかかることになり、場合によっては自分自身がその捜索費用を負担することになります。そのような事態への備えとなるのが「山岳保険」です。

2016年(平成28年)の山岳遭難者数

警察庁生活安全局地域課発表の「平成28年における山岳遭難の概況」によれば、2016年(平成28年)に日本全国で発生した山岳遭難は2495件、遭難者は2929人でした。遭難者のうち死者・行方不明者は319人、負傷者は1133人で、無事救助に至ったのが1477人となっています。

山岳遭難の発生状況は、過去10年間でみると増減を繰り返していますが、2013年(平成25年)以降は2000件以上で推移。2016年(平成28年)の発生件数および遭難者数は、統計が残っている1961年(昭和36年)以降で過去2番目に高い数値となりました。

遭難した場合の救助費

万が一山で遭難が発生してしまった場合、捜索にヘリコプターを動員することがあります。一般的に、ヘリコプターの飛行には高額の費用が発生しますが、捜索に際して警察や消防、自衛隊など公的機関のヘリコプターのみが動員された場合には、費用は基本的に税金で賄われます。

しかし、民間のヘリコプターが動員された場合、その費用は有料で、救助費用は遭難者が負担することになります。このときにかかる救助費用はケースバイケースですが、数十万円に及ぶことも珍しくなく、捜索が長期になれば桁が増える可能性もあるのです。

02

山岳保険とは?

そのように、遭難して救助費用を負担することになってしまった場合にその費用の補償を受けたり、登山中のケガに対して治療費用の補償があるのが「山岳保険」です。

山岳保険には、本格的な登山を対象にしたタイプと、ハイキングや軽登山を対象にしたタイプがあります。1年を通じて頻繁に登山する人には年間契約タイプが向いているとされ、登山は年に数回程度という人の場合はその都度単発で契約するタイプがすすめられています。

山岳保険に加入する必要性

ケガの治療などに対する補償であれば傷害保険もありますが、救助費用の補償を受けられるのが山岳保険ならではの特徴です。遭難救助の補償に特化した保険では、登山をはじめとして、山スキーやトレイルランニング、ロッククライミングといった山での活動を幅広くカバーすることができ、大きな安心につながるでしょう。

もし遭難が発生してしまうと、ヘリコプターの費用が高額になるばかりでなく地元の山岳会など多くの人の手をわずらわせることになり、その費用全額は莫大な額になることもあります。そうしたことから、費用を確実に確保するため、「山岳保険の加入は登山者のマナー」ともいわれるようになってきています。

自分は遭難しないという油断が一番危険

「私は軽いハイキングだから大丈夫」と考える方もおられるかもしれませんが、山という環境では誰にでも遭難が起こり得るもの。軽登山だから起こらない、本格的な登山だから危険とは限りません。そのように自己判断で「私は大丈夫」と油断するのが、遭難や事故につながる最も危険な要因です。

山に入る以上は、まずは、「遭難や事故は自分にも起こる可能性があるが、決して起こさないようにする」という意識をもち、きちんと知識を得て準備をすることが肝要です。そのうえで、万が一の事態にきちんと救助費用を負担できる備えを設けておくことは、自分のためにも周囲のためにも重要なことでしょう。

おわりに

登山や山スキーなど、山でのレジャーはとても楽しいものです。しかし、山の天気は変わりやすいといわれ、その天候の急変で予想外の災難に巻き込まれてしまうこともあります。登山を無事に楽しむためには、ルールを守り、事故を起こさない登山計画を立てること、そして万が一の備えとして、山岳保険への加入を忘れずに確認するようにしましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む