保険見直しSOS > 人気記事 > お金が貯まらないという人が知らずにやってしまっている8つの悪習慣

お金が貯まらないという人が知らずにやってしまっている8つの悪習慣

01


「別に贅沢しているというわけではないのに、どうしてお金が貯まらないのだろう」「気がつくと銀行口座や財布にお金が残っていない」……このように感じているとしたら、もしかしたら知らないうちにしてしまっている“悪習慣”があるのかもしれません。

自分では気づいていなくても、お金を貯めることができない人には、実は共通の“習慣”があります。その習慣を改善しないと手のすき間から水がこぼれるようにお金がなくなってしまい、いつまでたっても「気づくとお金がない」という状態を脱することができません。その習慣を知り、お金を貯められるようになりましょう。

お金が貯まる人と貯まらない人は習慣に違いがある

お金が着実に貯まっていく人と、なぜかお金が貯まらない人の貯蓄の差は、一見すると「収入に差があるからではないか」と思われがちですが、お金を貯められる人は収入が低くても貯蓄が可能であるのに対して、お金を貯められない人はいくら収入が多くてもお金が貯まらないものなのです。その違いは、日頃からの“習慣”にありました。

普段から着実にお金を貯めることができる人には、「毎月貯金する金額を決めて、お給料から天引き貯金している」「生活費に使う口座と、貯金するための口座を分けている」といったように、共通の“習慣”や“心がけている行動”があります。反対に、お金を貯めることができない人にも、「お金を貯められない原因」を作ってしまっている共通の“悪習慣”があるのです。

お金が貯まらないという人が知らずにやってしまっている8つの悪習慣

頻繁にATMでお金を引き出す

銀行のATMから頻繁にお金を引き出すと、自分がどのくらいお金を使っているのかを把握しないままお金をどんどん使ってしまうことにつながります。また、引き出し回数が多ければそれだけATM手数料の出費が増えてしまいます。

「今月は特別」で浪費を許してしまう

「年末年始だったから」「家電が壊れてしまったから」「友達との約束が多かったから」……こうした理由で「今月は“たまたま”出費がかさんでしまった」としてしまうと、来月もその次も“たまたま”による浪費を生み出してしまいます。

「自分へのご褒美」が多い

がんばったご褒美に好きな買い物をするのは珍しくありませんが、度を越すと「ご褒美がないとがんばれない」という状況になりかねません。ご褒美となる買い物は高額であることが多いのも問題です。

貯金できない言い訳を探す

日々の生活でお金を使う理由は無限に探すことができます。「一人暮らしだからしょうがない」「人付き合いは大切だから仕方がない」といった言い訳でお金を使い続けていては、お金は貯められないままです。

02

お金でストレスを発散する

「今日は嫌なことがあったからお菓子を買って帰ろう」「ストレスがたまったから週末は買い物に行こう」とストレスをお金で解決しようとすると、どんどん生まれる新たなストレスにお金を使うことになります。

ついで買いが多い

セール品や見切り品は「お得だから」とついでに買ってしまいがちですが、予定外の買い物は結局むだになってしまうことが少なくありません。ちょっとした「ついで」も、積もり積もると相当な額に。

むだな買いだめが多い

家の在庫を忘れてしまったり、安くなっているからと買いだめするのは、購入する時間とお金、ストックを保管しておく家のスペースといったさまざまな要素のむだにつながってしまいます。

余ったら貯金するつもり

「月末に生活費が残ったら貯金にまわそう」「今月は節約して、最後に残ったお金を貯金しよう」と考えていても、あればあるだけ出ていってしまうのがお金というもので、なかなか残りません。

悪習慣を見直せばお金を貯めるのは難しくない

“悪習慣”によって生まれる「ちょっとした出費」は、積み重なってまとまった額の浪費になってしまいます。これが、お金が貯まらない最大の理由です。そこで、ATMからのお金の引き出しは回数をまとめて定期的に行う、お金を使う言い訳を自分に許さない、ストレスをお金で解決しない、必要以上の買いだめやついで買いをしないといったように、“悪習慣”を一つひとつ解消していくのです。

そして何より、「余ったお金を貯金する」のではなく、「まずお金を貯金してから、それ以外のお金で生活する」というように、お金をまわす順序を逆にしましょう。この組み合わせを実行できれば、お金を貯めるのは決して難しくありません。

おわりに

お金を貯めることができない人は、自分自身では「やむを得ない支出しか許していない」「毎月切り詰めている」と思っていても、実際にはさまざまな言い訳で多くの支出を許してしまっていたのです。その“悪習慣”を解消することで支出を減らすことができれば、手元にそれだけのお金が生まれるのと同じ効果があります。そのうえで、お金が貯まる“良習慣”を身につけて「お金が貯まる仕組み」を作り上げていけば、貯蓄が増えるのは遠い話ではありません。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む