保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 節約効果を高める家計簿のつけ方6個、貯金を実現するための家計管理のコツ

節約効果を高める家計簿のつけ方6個、貯金を実現するための家計管理のコツ

01


家計管理の基本といえば家計簿ですが、「家計簿をつけようと思っていても、いつも長続きしない」「家計簿をつけたほうがいいのだろうけど、何に役立つのだろう」「家計簿のつけ方がわからない」といったように、家計簿に対してはどちらかといえば苦手意識や疑問をもつ方が多いのではないでしょうか。

また、貯金を増やしたいと思っていても、なんとなくお金を使っていてはなかなか実行できません。そこで、ツボをおさえた家計簿のつけ方をマスターすれば、家計の節約効果が高まり、貯金を増やすことにつなげることができるのです。

家計簿はただつけるだけでは効果がない

健全な家計管理のためにはとにかく家計簿をつけなければいけないと思われがちで、家計簿をつけること自体に必死になることも。家計簿をつけようという心がけはとても大切なことですが、ただ漠然と家計簿をつけているだけでは家計にいい効果をもたらすことができません。

家計簿の目的は、数字を記録することではなく、支出の内容をきちんと把握すること、むだな支出がないかどうかをチェックすること、収支のバランスを見直して節約や貯蓄を実現することにあります。こうした目的を実現するための重要なデータが家計簿なのです。

節約効果を高める家計簿のつけ方6個

家計に節約効果をもたらし貯蓄を増やすために、おさえるべき家計簿のつけ方を見ていきましょう。

毎月必ず発生する固定費を洗い出す

住宅の家賃や住宅ローンの返済費用といった住居費、電気・ガス・水道などの光熱費、加入している生命保険や医療保険の保険料、携帯電話の通信費といったように、毎月決まって発生する出費を「固定費」といいます。最初に、自分の家で発生している固定費を洗い出しましょう。

固定費を見直す

固定費を洗い出したら、その金額をもっと安くおさえる方法はないか見直します。毎月発生する固定費は、見直して減額することができれば節約効果が継続してとても大きくなるのです。節約を考えるなら、まずは固定費から。

むだづかいを可視化する

家計簿をつけたら、定期的にその内容を振り返り、むだづかいがなかったかどうか、削るべき支出があるかどうかを確認しましょう。家計簿の項目や金額はある程度「ざっくり」でもかまいませんが、あとでこの「むだづかいの可視化」ができるような内容にしておく必要があります。

02

消費・投資・浪費を分けて記帳する

支出を、生活するために必須の支出である「消費」、なくても生活できたり工夫すれば減らせる支出である「浪費」、将来的にプラスになるものへの支出である「投資」の3つに分けて記帳します。この仕訳を行うことによって支出に対する意識も高まりますし、あとから振り返りやすくなります。

貯蓄する額を設定する

家計簿をつけていくことで収入と固定費が見えてきたら、毎月の貯蓄額を決めてしまい、その分を先に収入から差し引いてしまいましょう。残ったお金を貯蓄に回すのではなく、収入から貯蓄と固定費を除いた額で変動費をやりくりする流れに変えていきます。

1ヶ月ごとに見直す

つけた家計簿は、毎月その内容を振り返りましょう。固定費の状況、使いすぎている変動費、考えていたより使わなかった項目などを明確に把握することができ、その反省や課題を翌月に生かせるようになります。

家計管理を仕組み化すれば貯蓄は難しくない

家計のやりくりを頭の中でなんとなく考えるだけでは、実際の収支を把握するのは難しく、お金はどんどん出ていってしまいます。家計簿をつけるということは、その収支を目に見えるようにすることです。

その家計簿をもとに支出を見直し、貯蓄するためのお金の流れを構築していくと、家計管理を“貯蓄できる仕組み”に変えていくことができます。そのように毎月の収支を仕組み化すれば、貯蓄を増やすことは決して難しくありません。

おわりに

家計簿をつけることを継続するのはとても大切なことですが、家計簿をつけるのはあくまで家計管理を仕組み化するための手段です。家計簿をつけることで疲弊してしまったり満足してしまっては意味がありません。大切なのは、家計簿を使って家計の振り返りと見直しをして節約をはかること、そして家計の改善を続けて貯蓄につなげることです。自分にとって無理なく継続できるような家計管理の仕組みを、家計簿を使って作り上げていきましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む