保険見直しSOS > 人気記事 > 生命保険の必要性を考えたい!必要か不要かの見極め方

生命保険の必要性を考えたい!必要か不要かの見極め方

01


「社会人になったから、そろそろ生命保険について考えなければ」と、漠然と思っている人は、自分に生命保険が必要なのかどうかを見極めなければなりません。入っておけば安心な生命保険も、人によっては負担になるだけで、あまりメリットがないかもしれないからです。自分の状況を把握することで、生命保険の必要性がわかります。

生命保険の必要性はどこにある?

生命保険は、自分が死亡した場合に、遺された家族へお金を残すための保険です。一家の大黒柱が亡くなると、収入がゼロになってしまうわけですから、生活能力のない扶養家族は路頭に迷います。死後も家族を支えるために加入するのが、保険であるといえるでしょう。

ただ、話はそんなに単純ではありません。正確には、公的制度や社会保険制度によって、大黒柱の死後に遺族をサポートする仕組みが確立されているためです。もちろん、公的制度だけでは、多額の支援が行われるわけではありませんし、条件によって支給額に違いがあります。しかし、突然収入が全くのゼロになるかといえば、そうではないのです。

生命保険への加入を検討するときには、個々人が自分の状況をきちんと把握し、「もしも自分が死亡したとしたら、家族にはどれだけの支援が見込めて、月にいくら足りないのか?」をシミュレーションすることが大事になります。そうすれば、保険の要不要はもちろん、必要な場合の保障額を正確に割り出せるでしょう。

生命保険が不要な人

まずは、生命保険が必要ない人について考えてみましょう。「社会人になったから何となく」「おつき合いで断り切れず」加入した人は、もしかしたら当てはまるかもしれませんよ。

独身者

生命保険金は自分の死後に支払われるものですから、支える家族のいない独身者は、加入する必要はありません。結婚するまでは、生命保険について考える必要がないといえます。

配偶者がけっこう稼ぐ人

配偶者が扶養に入っておらず、自分並みに収入がある、あるいは配偶者のほうが大黒柱であるというときには、ひとまず自分が生命保険に入る必要はないと考えていいでしょう。遺された家族が自活できる可能性が高いとしたら、わざわざ高い保険料を払って生命保険に入る必要性はあまりありません。

ただ、これから出産を控えている場合、女性は一時的に働ける状態ではなくなります。もしかしたらそのまま復帰は難しいかもしれません。子どもができたら、夫婦で改めて生命保険について考えることにしましょう。

貯蓄が十分にある人

自分亡き後、扶養家族が生活を維持していけるだけの貯蓄を残すことができる人は、生命保険に入る必要はありません。ただ、税制上で得をしたい、相続をなるべく楽にしてあげたいという人は、生命保険に入るメリットがあるといえます。

住宅ローンの支払いだけが心配な人

マイホームのローンを遺族が支払っていけるかどうか不安という人は、その理由だけで生命保険に入る必要はありません。ほぼ全ての住宅ローンに、団体信用生命保険がかけられているためです。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者本人が亡くなったり、高度障害状態になったりしたら、保険会社が金融機関にローンを完済してくれる仕組みです。遺族に請求書が届くことはありません。

生命保険が必要と思われる人

02

次に、生命保険が必要と思われる人について考えてみましょう。死後にきちんとお金を残したい人だけでなく、保険を使って税対策をしたい人が当てはまります。

扶養家族のいるサラリーマンで十分な貯金がない人

自分が金銭的に支えるべき配偶者と子どもがいるサラリーマンで、十分な貯金がない人は、生命保険に加入する必要があるといえるでしょう。大黒柱が亡くなれば、遺族には遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給されます。しかし、子ども一人の場合は年額で160万円程度ですから、生活の全てがまかなえるわけではありません。

扶養家族だけで生きていくとしたら、具体的にどのくらいの金額が必要なのかをきちんと割り出し、生命保険の保証額を決めましょう。そうすれば、不必要に大きな金額を設定して、多額の保険料を支払うようなことには陥りません。

扶養家族のいる自営業者で十分な貯金がない人

扶養家族のいる自営業者で十分な貯金がない人は、ぜひ保険に入っておきたいものです。自営業者の場合、大黒柱が亡くなると、遺族基礎年金しかもらえず、サラリーマンの場合にもらえる遺族厚生年金はありません。さらに18歳未満の子どもがいない場合には、遺族基礎年金はもらえません。保障額の大きい保険に入ったほうが安心でしょう。

相続を円滑に行いたい人

死亡保険金は、一定の金額が相続時に非課税となります。これによって税額が軽減されるため、相続税対策で生命保険に加入する人もいます。

加入するまではぜひ健康を維持して

以上のように、生命保険が必要か否かは、事情によって変わってきます。「まだ、自分は加入すべきではない」と結論付けたなら、加入すべき時期までは、ぜひ健康を維持しましょう。持病があると生命保険に加入しづらくなり、加入できたとしても保険料が割高になります。ベストな状態で安く保険に入れるよう、常日頃から体調管理を心がけましょう。

おわりに

生命保険は、何となく加入してよいものではありません。しかし、「なんだか不安だから」という動機で入るのも、間違ったことではないでしょう。保険は、将来の安心を買うもの。保険に入ることで不安な気持ちが晴れ、ホッとできるのであれば、よい買い物といえます。加入するにせよ、しないにせよ、本当に納得できる決断をしましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む