保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > ネット銀行を利用して手数料を節約!銀行ごとの特徴と手数料を比較

ネット銀行を利用して手数料を節約!銀行ごとの特徴と手数料を比較

01


銀行の振込手数料は、けっこうバカにならない出費ですよね。とくに他行への振込手数料は500円を超える銀行もあり、何回も繰り返せばなかなかの金額になってしまいます。ネット銀行を利用すれば、振込手数料の節約になるうえ、ATMでの出金時も手数料が安くなりますよ。ネット銀行ごとの特徴と手数料を比較します。

手数料無料や手数料が安いネット銀行が増えている

同行あてはもちろんのこと、他行あての振込も「月●回まで」といった制限付きで無料になるネット銀行が増えています。また、制限回数を超えても、他行への振込手数料は200円台といった割安なところが多いのが特徴です。

また、ネット銀行によっては、コンビニATMでの出金手数料を制限回数付きで無料にしています。預金残高などサービスの利用状況によりランク付けを行い、ランクに応じて制限回数を設けている銀行が多いでしょう。

ネットバンキングやコンビニATMの利用頻度が高くなり、「そういえば、最近銀行に出向いていないな」と気づいたら、ネット銀行に切り替えてみてはいかがでしょうか。手数料を安く抑えられるので、家計コストの削減に役立ちますよ。

ネット銀行ごとの特徴と手数料

ネット銀行ごとに、手数料も違えば特徴も違います。手数料が安いネット銀行をピックアップしましたので、比較の参考にしてください。
※手数料や金利は、改訂される場合があります。
※一部ネット銀行では、利用できるコンビニATMに制限があります。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資してできたネット銀行です。他行への振込手数料は154円、ATMでの出金手数料は108円です。いずれの手数料も、ランクに応じて無料枠があります。

ランクは、預金残高や貸入残高、サービスの利用状況によって決まります。ランク1なら他行への振込手数料は月1回、ATMでの出金手数料は月2回無料です。最高ランクであるランク4になると、他行への振込手数料は月15回、ATMでの出金手数料も月15回まで無料となります。

URL:住信SBIネット銀行

ソニー銀行

ソニー銀行は、「ソニー損保」や「ソニー生命」と同じソニーグループの企業です。他行への振込手数料は月1回まで無料、2回目以降は216円と定められています。ATM手数料は、コンビニごとに違うことに注意しましょう。セブン銀行とイオン銀行(ミニストップ)のATMなら、何度でも0円ですが、その他は月4回まで無料、5回目以降は108円になります。

URL: ソニー銀行株式会社

じぶん銀行

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が半分ずつ出資してできた銀行です。自行だけでなく、三菱東京UFJ銀行あての振込手数料が無料になります。他行あての振込手数料は、利用状況などステージごとに無料回数が違い、最高で月5回まで無料になります。

コンビニATMでの出金手数料もステージごとに無料回数が決まっており、最高で月11回まで無料となります。auWALLETポイントが貯まるなどの得点があるため、auユーザーはさらにお得に使えます。

URL: じぶん銀行(ネット銀行)

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の手数料は、とてもユニークです。コンビニATMでの出金手数料は、毎月最初の1回が無料で、2回目からは3万円以上の取引が0円、3万円未満が162円となります。まとめて出金する傾向のある人には便利ですね。

ネットバンキングの他行あて振込手数料は、3万円未満なら172円、3万円以上なら270円と、ランク分けなどがなくスッキリしていて覚えやすいのが特徴です。ただ、自行あての振込手数料が54円と、わずかながらかかってしまうことに注意しましょう。

URL: ジャパンネット銀行:Japan Net Bank

新生銀行

新生銀行では、ATMでの出金手数料が、なんと一律無料です。他行あての振込手数料も、インターネットを介せば一定回数が無料になります。サービスの利用状況によって無料となる回数が違い、月1回、5回、10回の3ランクがあります。回数制限を超えると、振込手数料は最高額で308円となります。

URL:新生銀行

ネット銀行を賢く利用して手数料を節約しよう

02

気になる銀行は見つかったでしょうか。賢く利用して手数料を節約できれば、月に何千円もの貯金ができてしまうかもしれませんよ。買い物を我慢するより、節約術を頑張るより、ずっとスマートな貯金方法です。

また、ネット銀行は、手数料が安い以外にも、金利が高い傾向にあります。例えば、こちらに紹介しなかったイオン銀行などは、手数料はそれほど安くありませんが、イオンカードセレクトに入会すれば普通預金の金利が年に0.1%にもなります(2018年2月)。手数料と金利のバランスを見て、ネット銀行を検討しましょう。

おわりに

景気が上向きになってもなかなか給料が上がらない、そんな世の中だからこそ、マネー術には敏感になるべきです。「たった何百円の手数料を節約するために、銀行口座をつくるなんて」とあなどっていると、あっという間に周りから差をあけられてしまいますよ。コツコツ、賢くお金を貯めるため、ネット銀行を検討しましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む