保険見直しSOS > 保険の種類 > 全労済における3種類の医療保障の特徴を解説、保障内容や加入条件なども徹底比較

全労済における3種類の医療保障の特徴を解説、保障内容や加入条件なども徹底比較


掛金の安さや、出資金を支払えば誰でも組合員になれることに魅力を感じ、全労済の医療保障に加入したいと考える人もいることでしょう。全労済には、3種類の医療保障があります。それぞれの特徴や保障内容、加入条件について徹底比較します。

全労済が提供している医療保障は3種類

全労済が提供している医療保障は、「こくみん共済」「新総合医療共済」「いきいき応援」の3種類です。それぞれの保障のうちでも、ニーズに合わせてタイプが分かれていますから、実際には10を超えるタイプのなかから選ぶことになりますが、死亡保障や介護保障のついていない医療保障に数を絞れば、簡単に条件を比較することができます。

全労済の医療保障の各特徴

全労済における3種類の医療保障の特徴を、順番に説明します。自分にはどの保障が合っているのか、条件を見比べながら比較しましょう。

こくみん共済

こくみん共済の医療保障には、「医療タイプ」「医療安心タイプ」「医療安心H(ハーフ)タイプ」「がん保障プラス」「終身医療5000」の5つがあります。それぞれ、どんな内容なのかを解説します。「終身医療5000」以外はいずれも加入年齢は59歳までで、掛金は年齢問わず一律です。

「医療タイプ」の一番の特徴は、月々1,600円という安い掛金で、女性特有の病気の手術をしたときに6万円が保障される点です。他の保障については、入院したときが日額6,000円、通院したときが日額2,000円の保障なので、ごく平均的といえるでしょう。

「医療安心タイプ」の一番の特徴は、月々2,300円で最高600万円までの先進医療保障がつくことです。入院したときが日額6,000円、通院したときが日額2,000円、手術時には6万円が保障されます。死亡保障は他で考えているお父さんや、死亡保障の必要がない主婦向けです。「医療安心Hタイプ」は、掛金や保障額が「医療安心タイプ」の半分となります。

「がん保障プラス」は、月額1,400円で他の共済商品に付帯することができる、いわゆるオプションです。がんと初めて診断されたときに100万円、がんの手術は25万円、入院は一日あたり5000円が保障されます。

「終身医療5000」は、こくみん共済唯一の終身保障です。64歳までが加入でき、掛金は加入時の年齢や性別で決まります。満30歳の男性なら月々2,270円で、入院時は日額5000円、手術時は5万円の保障が一生涯続きます。更新による掛金アップがないので、若いうちからの加入がお得です。

新総合医療共済

新総合医療共済の医療保障には、「終身医療プラン」と「定期医療プラン」があります。それぞれ、特徴を解説します。

「終身医療プラン」は、こくみん共済の「終身医療5000」と同様、一生涯続く保障です。「終身医療5000」との違いは、満75歳まで加入できるタイプがあること、入院日額が3,000円型と5,000円型の2タイプから選べることです。また、手術や入院だけではなく、先進医療にも対応しています。

「定期医療プラン」は5年、10年ごとに更新ができる定期保障です。特徴は、70歳まで加入が可能なプランがあること、希望によって満期金をつけられること、入院日額が3000円から1万円の範囲で選べることです。先進医療にも対応し、プランと年齢によって掛金が違います。

いきいき応援

いきいき応援の最大の特徴は、健康状態に不安がある人でも加入可能なことです。そのぶん、他のタイプに比べて掛金が割り増しされていますが、病気になって初めて保障の必要性を痛感した人にはピッタリの保障といえるでしょう。ただし、加入から1年以内に保障の対象になったときには、支払われる共済金が半額になります。

加入年齢は満40歳から満70歳までと、他のプランよりも開始年齢が高いことに注意しましょう。入院日額は3,000円型と5,000円型から選べ、死亡保障の金額も50万円から300万円の範囲で選ぶことができます。

どう比較すればいいか分からないときは保険のプロにご相談ください

今現在健康であれば「こくみん共済」「新総合医療共済」に的を絞り、終身がよいか定期がよいか、とくに不安な病気は何かを見極めながらプランを選ぶことが重要です。年齢や入院日額によって掛金が違う場合には、一度必ず見積もりを取り寄せて検討しましょう。

それでも、どう比較すればいいか分からなくなってしまったら、保険のプロにご相談ください。もしかしたら全労済の共済だけでなく、他の共済や保険を調べてみたほうが、ピッタリな保障が見つかるかもしれません。膨大な共済や保険のなかから最適なプランを見つけ出してくれるのは、保険のプロに他なりません。

おわりに

共済は保険に比べて掛金が安いのが魅力ですが、そのぶん保障内容もそれほど厚くはありません。掛金の安さをとるか、保障の厚さをとるかは、入院時や死亡時にどれほどの保障が必要かで決まってきます。自分のライフプランを見つめ直すチャンスですから、家族としっかり話し合い、納得のプランを導き出しましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む