保険見直しSOS > 保険の種類 > 大阪府民共済は掛金が一定で高コスパ? 保障内容からメリット・デメリットを解説

大阪府民共済は掛金が一定で高コスパ? 保障内容からメリット・デメリットを解説


「なるべく安い保険に入りたい」と願う大阪府民の方は、ぜひ大阪府民共済を検討してみてください。年齢を問わず掛金が一律で、高コスパと呼び声の高い共済には、共済ならではのデメリットだってもちろんあります。
ここでは、大阪府民共済の保障内容から、メリット・デメリットまでを解説します。

大阪府民共済とは?

大阪府民共済とは、大阪府知事から認可を受けた生活協同組合で、主に共済事業を行っている団体です。全国の都道府県に39ある共済の1つで、加入すると病気やケガ、死亡時に共済金が支払われる「生命共済」と、火災など災害時に見舞金が支払われる「火災共済」を展開しています。

生命共済の種類は加入年齢に応じて3つにわけられ、それぞれにラインナップがあります。0歳から17歳までの「子ども型」、満18歳から64歳までの「総合保障型」「入院保障型」「総合保障型+入院保障型」、満65歳から69歳までの「熟年型」「熟年入院型」「熟年型+熟年入院型」と、合計7プランから選ぶことになります。

大阪府在住でなくても加入できる?

大阪府民共済は、居住地、または勤務先が大阪の方が加入できます。重複しての加入は認められていないので、他の県に住み、大坂に勤務している人でも、選べる共済は1つです。府外に引っ越したら、引っ越し先の都道府県民共済への移管手続きを取り、保障内容は引き継がれます。

大阪府民共済に加入するメリット

大阪府民共済にはどのようなメリットがあるのでしょう。保障内容を参照しながら、メリットについて解説します。

掛金が一律一定で年齢が高いほど割安

大坂府民共済は、加入対象年齢の範囲であれば、性別や年齢を問わず掛金が一律一定です。例えば、一番人気の「総合保障2型」であれば、月掛金2,000円で、18歳から60歳までなら事故入院時は1日あたり5,000円、死亡時には最高で1,000万円が支払われます。

保険は加入年齢が上がるにつれて月々の保険料が高くなります。とくに30代、40代ともなると、毎月けっこうな金額を支払うことになるでしょう。それでも、最も利用する恐れがある入院保障は、1日5,000円が相場で、「総合保障2型」と変わりません。

若いときは逆に割高に感じるかもしれませんが、平均的な入院保障があればとりあえずよし、死亡時には1,000万円以上必要がない、というミドル層にとっては、大坂府民共済はかなりの高コスパ商品であるといえます。

割戻金がある

共済は営利を目的とした事業ではないため、決算後に余剰金が生じれば、割戻金があります。掛金が安いうえに、お金が余ったら均等に戻してくれるのです。平成28年度の場合、大阪府民共済の割戻率は31.81%でした。つまり、月掛金2,000円であれば、年間にして7,634円が現金としてバックされたということです。

割戻金が30%なら、掛金が2,000円でも、実際に支払っているのは月々1,400円ということになります。1000円台前半でちゃんとした保障が手に入るのですから、お得です。

信頼性が高い

共済は都道府県の認可を受けた事業ですから、信頼性が高いのが特徴です。毎年の財務状況をホームページで公開しており、透明性、健全性も確保されています。

適用が早い

共済の加入においては、健康状態の告知がありますが、健康診断書を提出する必要はありません。そのぶん、査定期間が短縮され、掛金を支払った翌日から保障が適用になります。一方で、保険は適用になるまで数ヶ月かかるのが一般的です。

大阪府民共済に加入する前に確認しておくべきデメリット

メリットをみると、いいところばかりのように思えますが、デメリットもあります。加入する前に確認しておくべきデメリットを紹介しましょう。

掛け捨てで貯蓄性がない

共済は掛け捨てなので、貯蓄性がありません。長く健康でいることへのお祝金や、満期になったときの払戻金がないのです。老後が不安で、保険を兼ねて貯金をしたい人には不向きです。

終身保障がない

シニアが入れる「熟年型」でも、保障が適用になるのは85歳までです。大阪府民共済には、一生涯保障の商品はありません。85歳から入れる保険はなかなか見当たらないので、年齢が上がるごとにそのまま共済でよいか、終身保険に切り替えたほうがよいのかと頭を悩ますことになるでしょう。

年齢によって保障内容が違う

年齢によって掛金は変わらなくとも、保障内容は変わってきます。高齢になるほど保障内容が薄くなるのが共済の特徴です。例えば、「総合保障2型」であれば死亡時に支払われる額は、18歳から60歳で最高1,000万円ですが、60歳から65歳では700万円になります。

なお、「熟年2型」では、65歳から80歳までは病気入院の手当てが1日あたり2500円ですが、80歳以降の病気入院については、保障の対象になりません。

年齢に応じて加入するメリットがあるか検討しよう

大阪府民共済のメリットとデメリットを引き比べてみると、年齢に応じて加入するメリットがあるかどうかが変わることがわかります。自分の年齢では府民共済が一番お得かどうかを知るために、共済だけでなく保険会社の商品も検討しましょう。具体的な見積もりをもらい、将来の保障内容も合わせて考えることが、正確な比較をするポイントです。

おわりに

保険商品はいくつもあって、共済と比較しようと思っても、正直どれと比べればいいのかわからないと混乱することがあるでしょう。そんなときには、信用できるファイナンシャルプランナーに相談するのが近道です。保険のプロなら、あなたの要望にぴったり合ったプランを導き出してくれますよ。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む