保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 生命保険は加入すべきなのか?検討する際に知っておきたい保険の必要性

生命保険は加入すべきなのか?検討する際に知っておきたい保険の必要性

1


生命保険を検討するなら、「そもそも、自分は生命保険に加入すべきなのか」から考えてみることをおすすめします。状況や時期によっては、生命保険が必要ない人もいるためです。

以下では、生命保険の必要性を、どんな人に生命保険が必要なのかという観点から解説していきたいと思います。

そもそも生命保険とはどんな保険なのか?

生命保険の必要性について考える前に、そもそも生命保険とはどんな保険なのかを抑えておきましょう。

生命保険とは、死亡・病気・ケガなどが発生したとき、契約事項にもとづいて保障金が得られる保険のことを指します。保険会社から支払われる現金によって、アクシデントのせいで失ったお金を補てんしてくれるということですね。

生命保険は月額で保険料を支払い、いざというときに損失に合わせた保障金が受け取れる仕組みです。とくに死亡のときには、それまでに支払った保険料よりもかなり多額の保険金が支払われることになります。

また、「生命保険」という名称は、死亡・病気・ケガに関するあらゆる保険で使えるものですが、死亡保障がなく病気やケガだけを保障する保険を「医療保険」、がんに特化した保険を「がん保険」などと分けて称する場合があります。

生命保険に加入する必要性

2

生命保険に加入する必要性を考えるとき、どんな点について検討すればいいでしょうか。

誰でもいつかは亡くなるわけですから、「死亡のときの保障」とだけ考えると、全ての人が生命保険に入らなければならないように思えてしまいます。しかし、実際には、そうではありません。生命保険の加入が必要な人を挙げてみましょう。

生命保険の加入が必要な人

支えるべき家族がいる人

一家の稼ぎ頭であり、配偶者や子どもをお金で支えていかなければならない人は、生命保険に加入する必要があります。自分にもしものことがあった倍、収入がストップしてしまうためです。自分の死後、家族にいくら残せば安心かを考えて死亡保障のプランを組みましょう。

十分な貯金がない人

ケガや病気で職を失ったとしても、十分な貯金があれば暮らしていくことができます。一方で貯金が少ない人は、もしかしたら病気やケガに陥った時点で路頭に迷ってしまうかもしれません。

突然のケガや病気によって身体だけではなく人生までが劇的に落ち込んでしまわないためにも、貯蓄が少ない人は保険に入っておいた方が安心ですね。

将来に漠然とした不安を抱えている人

「老後、年金だけで暮らしていけるのだろうか」と、漠然とした不安を抱えている人にも生命保険はおすすめです。生命保険には、死亡保障や病気保障と併せて老後資金の貯蓄を兼ねた保険商品もあります。

例えば「養老保険」と言われるカテゴリーの保険なら、契約期間中に亡くなった場合は死亡保険金が受け取れ、契約満期になったら一定の金額を受け取ることができます。満期を自分の退職年齢などに設定しておけば、仕事がなくなってもお金への不安が和らぐのではないでしょうか。

節税したい人

自身の財産を相続するとき、多額の相続税がかかってしまうのでは……と不安を募らせているなら、節税対策にも生命保険はいかがでしょうか。保険料を支払うことで相続税の対象財産が減り、さらに受取金は相続税が非課税になる金額枠があるためです。

契約者を被保険者本人にして、保険金の受取人を配偶者や子どもなど相続人にしておいた場合、死亡保険金には非課税枠が生まれるのです。

生前に同程度の金額を贈与すれば贈与税がかかる可能性がありますし、そのまま預金してしまえば当然ながら相続税の対象となりますから、保険をかけておいた方がある意味お得でもあるんですよ。

将来の人生設計をふまえて保険に加入するか判断しよう

3

以上のように、人が置かれた状況や財産の有無によって保険の必要性は変わってきますし、時期によっても違います。まだ独身のうちは生命保険について考える必要がなくても、結婚し、子どもが生まれれば事情が変わってくるでしょう。

将来の人生設計をふまえ、自分は保険に加入すべきか否かを判断するのがポイントです。

おわりに

生命保険に加入すべきかどうか、どうしてもわからなくなってしまったときは、保険の専門家に相談しましょう。ライフプランや現在の収入、支出等について打ち明ければ、ピッタリの保険プランを導き出してくれますよ。もちろん、保険に入るべきではないときも、ハッキリ伝えてくれます。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む