保険見直しSOS > 保険会社 > 相互会社は保険会社のみ設立できる?会社の仕組みや株式会社との違いを解説

相互会社は保険会社のみ設立できる?会社の仕組みや株式会社との違いを解説

1


保険会社には、株式会社と相互会社の2つがあります。相互会社という名称は、なかなか聞き覚えのないものですよね。相互会社は、保険会社にしか設立できない、独特な組織形態です。相互会社の仕組みや、株式会社との違いを解説します。

相互会社とは?

相互会社とは、株主が存在せず、顧客がそのまま社員となって出資することで成り立っている会社のことです。日本では、保険会社にのみ、相互会社を設立することが許されています。

加入する保険を販売している保険会社が相互会社の形態をとっていれば、あなたはその保険会社の社員となり、また会社を存続させるための出資をしたことになるのです。

ただし、保険会社の規定によっては、余剰金の分配がない保険にだけ加入している人は、社員ではないとされることがあるので気を付けましょう。

相互会社の仕組み

相互会社は顧客としての社員から出資金を受け取り、社員に対して保険や貯金、資金の貸し付けなどのサービスを行います。日本においては、保険加入者が保険料を支払い、会社側は社員である加入者に対して保険サービスを提供することに同義と言えるでしょう。

加入者同士がお互いを助け合う、相互扶助の精神がすみずみまで生きているのが、相互会社です。

相互会社と株式会社の違い

2

相互会社と株式会社には、多くの違いがあります。その違いが契約そのものに与える影響はほぼありませんが、相互会社の保険に加入することを考えているなら、知っておいたほうがいいでしょう。

法人格の違い

株式会社は営利を目的としているため、営利法人の1つです。一方で、相互会社は相互扶助が目的なので、非営利法人となります。

構成員の違い

株式会社の構成員は株主であり、実際にサービスを提供する社員や、サービスを受け取る顧客とは離れた立場にあります。一方で、相互会社の構成員は保険契約者たる社員であり、顧客と社員が一致しているのです。

資本の違い

株式会社は株主が出資する資本金で成り立っていますが、一方で相互会社は保険業法に基づき、拠出者に返済する義務のある「基金」で成り立っています。その基金を返済していくため、相互会社は「基金償却積立金」を設ける義務があるとされています。

株式会社は、株式を発行して投資を募ることができるため、会社を大きくしたいと考えたときに資金調達をするのが比較的容易です。しかし、相互会社の基金には株式のような自由さがないため、なかなか大胆に会社を成長させることはできません。

意思決定機関の違い

相互会社と株式会社の違いは、とくに意思決定機関に現れます。株式会社の意思決定機関は株主総会ですが、相互会社の意思決定機関は「社員総会」です。

しかし、保険契約者が社員であることを考えると、とうてい社員全員を総会に呼ぶことはできません。そこで、代表者である「総代」を選出し、「総代会」を行うことにしています。

総代の選出は、地域や年齢、性別などのバランスを考慮しながら選出委員会などによって行われます。候補者を選考したのちは、社員すなわち保険契約者が信任投票を行い、信任されれば総代として総代会に出席するという流れが一般的です。

保険に加入するなら保険会社の仕組みを知ることも大切

3

保険業界は大規模な規制緩和に伴い、新規参入やネット保険の台頭もあって競争が激化しています。そんななかで、非営利法人である相互会社が大胆な利益をあげることはなかなか難しく、相互会社をやめて株式会社への移行に踏み切った保険会社もあります。

保険に加入するなら、長い付き合いになる終身保険であればなおさら、保険会社の存続性について検討するのが重要です。

新しく設立された会社の存続性に用心しなければならないのはもちろんですが、老舗の相互会社であっても、生き残りをかけた保険会社の競争を乗り切っていくのは容易なことではありません。

保険に加入するなら、保険の内容を知るだけでは十分とはいえません。その保険会社の仕組みについても詳しく知っておきましょう。

おわりに

相互会社は、日本では保険会社にだけ許された特別な経営形態です。仕組みをよく理解して、自分の大事な保険料を預ける会社の運営について興味を持っておくことは、財産を守ることにつながります。

総代会を見学できる相互会社もありますから、機会があったら傍聴に出かけてみるのはいかがでしょうか。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む