保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 厚生年金がない自営業(フリーランス)こそ老後の年金を真剣に考えよう!長寿時代を生き延びるための年金活用術

厚生年金がない自営業(フリーランス)こそ老後の年金を真剣に考えよう!長寿時代を生き延びるための年金活用術

1


上司もいなければノルマもない、自由な働き方に見えるフリーランスですが、将来に関わるお金の問題を抱えています。老後の年金をどうするか、会社員よりもずっとシビアに考えておかなければなりません。

ここでは、長寿時代を生き延びるための年金活用術を紹介します。

自営業(フリーランス)には厚生年金がない

自営業者には、厚生年金がありません。会社員の場合、会社と折半のうえ厚生年金保険料を納めているので、定年後には現在の水準で平均して月20万円以上の年金を受給できることになります。

一方で自営業者の場合は、厚生年金の上乗せはなく国民年金だけなので、月10万円程度の受給しか見込めません。

月10万円では、とても生活できないと思いませんか。若くて健康であれば節約生活も可能ですが、年を取ってくれば身体のあちこちに支障が出てきて、食事内容に気を遣わなければなりません。

また、病気になり、治療のためにまとまったお金を失うかもしれません。年老いてこそお金が必要なのに、その頃には働くことができず、ただ年金暮らしをするしかないのです。

平均寿命が上がって老後に必要となる資金が多くなっている

日本人の寿命は右肩上がりで、最近では「人生100年時代」などという言葉もささやかれるようになりました。60歳で仕事をやめたとすると、100歳まで40年あります。

その40年間、無職で生きるためのお金を、現役のうちに貯めるのは容易ではありません。現役期間も40年ほどなのですから、単純に考えれば稼ぎの半分を老後に回す計算になります。

収入の半分を貯金するなんて、なかなかできることではないですよね。ということで、年金制度や個人年金を上手に活用して、老後に備えておくべきなのではないでしょうか。

自営業(フリーランス)の年金活用術

付加年金

付加年金とは、設定されている保険料に月額400円の付加金をプラスして納付すると、将来の年金額がアップする仕組みです。月額200円×付加金を支払った月数が、毎年上乗せして受給されます。

例えば、月額400円の付加年金を20年間支払い続けたとしましょう。20年間は、月数にして240ヶ月です。老齢基礎年金の受給が始まると、一年につき200円×240ヶ月=48,000円が受け取れることになります。

しかも支払った付加年金の合計額は96,000円なので、2年で元が取れてしまう計算に。実は大変オトクな制度なのです。

付加年金は第一号被保険者、つまり自営の人が利用できる制度。これは国民年金基金の加入者の利用はできないので、気をつけましょう。

前納する

国民年金には、前納すると割引になる制度があります。例えば平成30年度の場合、現金払いで1年分を前納すると、3,480円の割引になります。さらに、2年分を前納した場合は、合計14,420円の割引になります。

任意加入制度を活用する

年金の払い込みをするのは60歳までですが、もしも納付済み期間が足りず年金が満額もらえないときは、60歳以降になっても任意加入することができます。

満額に近づけたいなら65歳まで、受給資格期間を満たしていないなら70歳まで任意加入が可能。厚生年金など他の年金に加入していないときに利用できます。

繰り下げ受給

60歳になっても「まだまだ現役」と思うようなら、自営業であれば元気なうちはいくらでも稼げます。もしも、65歳になっても年金をもらう必要はないと思うなら、繰り下げ受給がお得ですよ。

年金を繰り下げ請求すればするほど、受け取る年金額がアップします。請求時の年齢が66歳0ヶ月から66歳11ヶ月であれば、増額率は8.4%から16.1%です。もしも70歳まで請求を引き延ばせば、増額率は42.0%にもなります。

個人年金保険

個人年金は、いわば私的な年金です。国民年金や厚生年金とは別に積み立てておくことで、老後資金を貯めることができます。60歳や65歳といった設定年齢から一定期間、または一生涯にわたり、毎年一定額が受け取れます。

法人化して厚生年金に加入する

厚生年金の恩恵にあずかりたいなら、法人化して厚生年金に加入するという手があります。法人化には、他にも税負担が軽くなる、金融機関からの信用が高まり資金調達が容易になるなどといったメリットがあります。

ただし、法人の維持はとても大変ですから、今後の将来などは慎重に考えましょうね。

長寿時代を生き延びるために真剣に年金について考えよう

3

以上のように、一定額を支払わなければならないだけと思い込みがちな国民年金にも、工夫次第でお得になる活用術があります。

フリーランスを選ぶのであれば、真剣に年金について考えておくことが重要です。しっかり対策を練り、長寿時代を生き延びましょう。

おわりに

将来のことが不安なら、年金対策をしっかりするだけではなく、長く生きるならどうしてもその身に降りかかる病気や、突発的なケガについても対策しておくべきです。

生命保険や医療保険と個人年金を組み合わせて、何があっても安心な体制を作っておきましょう。働けなくなっても会社が守ってくれるわけではない自営業者にとっては、切実な問題だと思いますよ。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む