保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 生命保険の見直しで失敗しないために押さえるべき4個のポイント

生命保険の見直しで失敗しないために押さえるべき4個のポイント

1


お金のことで不安が生じたとき、真っ先に「見直したほうが良いのでは?」と考える対象になるのが保険です。

しかし、乗り換えを行うと損をしてしまう、生活環境になじまないものを選んでしまうなど、見直したつもりが失敗することが多くあります。

以下では、生命保険を見直したいと思ったときに押さえるべきポイントを紹介しますね。

生命保険の見直しで家計の負担を軽減したい

生命保険は「人生で2番目に高い買い物」といわれているのをご存知でしょうか。

最も高い買い物はマイホームですが、マイホームは買ってすぐ実感がわくもの、生命保険はいざというときでないと価値がわからないものという差があります。

よって家計の負担を軽減したいと考えたとき、家族が初めに注目するのは月々の保険料なのです。

月々の生命保険料が1万円から7,000円になれば、一年につき36,000円の節約になり、10年単位で見れば30万円もの差がつくことになります。

保険は長く入るものですから、月々の節約は微々たるものだとしても、長い目で見れば侮れません。

生活にゆとりを持たせるためにも、ぜひ生命保険をうまく見直したいものです。ただ、保険料を抑えるばかりが見直しとは限りません。

将来の不安を解消するため、真に必要な保険を選び抜ければ、見直しは成功といえます。

生命保険の見直しで失敗しないために押さえるべき4個のポイント

2

生命保険の見直しのタイミング

生命保険を見直すべきタイミングがあります。それは、人生におけるライフステージが変化したときです。結婚、子どもの誕生、退職といった変化で、自分の立場が変わり、必要な保険も変わってきます。

また、転職やマイホーム購入などで収入や支出の金額がガラッと変わったときも、見直しが必要です。

「保険の見直しが必要だ」と思ったら、どんな要因がそう思わせているのかを明確にしましょう。自分と家族に向いている保険プランの方向性がはっきりわかるようになります。

必要な保障の見直し

ライフステージによって、必要な保障内容が変わってきます。

例えば、結婚するまでは自分の死亡に対する保障は必要ありませんが、結婚したら「自分の死後、自分の収入がなくなっても家族は生きていけるか」を考え、死亡保障をつけることを検討しなければなりません。

子どもができたら、さらに保障額を増やすか、学資保険を追加する必要があります。

なお、住宅ローンの借り入れをするときには団体信用生命保険に加入する必要があり、団信に入れば契約者が死亡した後はローン返済の必要がありません。

これにより住居費を見込んで計算していた死亡保障の金額を少なくすることも可能でしょう。

ほか、介護保険料を支払う40代以降になると、老後資金についてシビアに考え、貯蓄型の生命保険を検討する人も出てくることでしょう。

シニア層になったら支えるべき家族も独立するため、死亡保障を抑えた保険に入り直したほうがいいかもしれませんし、葬儀費用が出る葬儀保険を考えるのもいいでしょう。

このように、保険の見直しは、必要な保障そのものの見直しを含んでいます。生命保険、学資保険、個人年金、シニアのための保険などを組み合わせて考えるのがポイントです。

保障期間

必要な保証期間も、見直しのポイントです。若いうちに入った定期保険を、そのまま使っていませんか。

定期保険は更新のたびに保険料が上がってしまい、保障期間も限られているので、必要な保障の種類や金額が定まったら終身保険に切り替えたほうが良いかもしれません。

終身保険なら、保険料が変わることなく、一生涯の保障が続きます。

保険料

同じ保障内容で、保険料の安い保険があるなら、そちらへ切り替えたほうが当然のことながらお得です。ただし、終身保険の場合は返戻金についてしっかり調べておきましょう。

切り替えたほうが損をしてしまうことにならないかどうか、長期的なシミュレーションをするのが大事です。

分からないことは保険の専門家に相談しよう

3

保険の見直しは、なかなか自力で行えるものではありません。わからないことがあったら、専門家に相談するべきです。

近くの保険ショップなどでは、無料相談を行っていますから、気軽に出かけてみてはいかがでしょうか。

おわりに

保険について考えることは、人生について考えることです。

保険の見直しをするために、自分が今置かれている立場やライフプランについてじっくり考えれば、人生の目標もはっきりしてくるのではないでしょうか。

自分の生き方を振り返り、これからの方向性を見定めるためにも、保険は折に触れて見直しましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む