保険見直しSOS > 保険のお役立ち情報 > 「世帯分離」をすると介護費用が安くなる?介護保険の仕組みを理解して費用負担を軽減

「世帯分離」をすると介護費用が安くなる?介護保険の仕組みを理解して費用負担を軽減


介護費用は、長引くほど家計をじわじわと圧迫していきます。自己負担額が高くて悩むような場合は、思い切って「世帯分離」をした方が、介護費用が安くなるかもしれません。介護保険の仕組みを理解して、費用負担を軽減しましょう。

介護費用は大きな負担となる

高額介護サービスを受けたときの自己負担額は、上限が決まっています。それ自体はありがたいのですが、ふつうに税金を払っている働き世代がいる家庭の場合、自己負担限度額は月額4万4,400円です。ギリギリで生活している家庭なら、パパママのお小遣いが丸ごと持っていかれる額で、これが続くとなると厳しいですよね。

しかし、自己負担の限度額は、世帯が納めている住民税によって変わります。例えば、世帯全員が住民税非課税で、年金を含めた所得の合計が年間80万円以下の人であれば、自己負担限度額は1万5,000円です。サラリーマン家庭と比べて、およそ3万円もの差が出るのです。

世帯分離をすると介護費用が安くなる

自己負担の限度額は住民税を納めているか否かによって変わってくるため、非課税の高齢世帯と、課税されている子世代の世帯を切り離せば、高齢者の介護費用が安くなります。これが介護保険の負担軽減を目的とした世帯分離です。

同一住所で暮らす家族でも、世帯を分けることは可能です。1つの家に、2人以上の世帯主ができることになり、同居はしていても家計を別にしている場合にはとくに便利といえるでしょう。友人同士で一軒家をシェアして使うような場合にも利用される方法です。

世帯分離をすれば、先に紹介したような高額介護サービスの自己負担限度額が軽減されるほか、施設の食費や居住費が下がる可能性もあります。とくに介護が長引いてしまった場合、世帯分離をするのとしないのとでは、100万円単位で負担額が変わってくるケースがあるため、介護費用に悩む人にとっては一考に値するでしょう。

世帯分離をする際の注意点

国民健康保険の負担が増えるかも

国民健康保険の保険料は世帯所得によって決まっており、上限が設けられているため、世帯収入がかなり高くても一定の金額で抑えることができます。しかし、世帯を2つに分けてしまうと、それぞれの世帯に対して国民保険料が計算されることになるため、保険料負担が大きくなる可能性があります。

会社の介護制度が使える場合がある

福利厚生が充実している会社では、介護休暇や介護休業のための給付金など、介護負担を楽にするような制度を設けている可能性があります。世帯を別にしてしまうと、せっかくの制度が使えないかもしれません。

行政手続きが面倒になる

住民票の取得など行政手続きが必要になった場合、別世帯の人が行うときには委任状が必要になります。世帯が同じであれば必要ではない書類が増えてしまいます。

世帯分離の理由を「介護費用を抑えるため」としてはならない

市区町村役場へ世帯分離の手続きをするとき、理由を聞かれることがあります。この場で、「介護費用を抑えるため」と言ってしまうと、分離が難しくなるケースもあるので注意が必要です。世帯分離は、あくまで家計を別々にしたい世帯が使える手続きだと心得ましょう。

介護が必要な人が増えたときは割高になる

例えば、介護が必要な親世帯と子世帯を世帯分離した後、子世帯にも介護が必要な人が発生してしまったら、介護費用を二重に支払う必要があります。別世帯だと高額介護サービス費などの合算ができないため、合計費用は同一世帯よりも割高となるでしょう。

世帯分離は介護費用を軽減するひとつの方法

世帯分離をすると介護費用を抑えられるとはいえ、注意しなければならない点もかなりあることがお分かりいただけたでしょうか。世帯分離はそもそも家計節約のための制度ではないので、デメリットもあるのです。デメリットをもってしても、介護費用が軽減された方がよいと判断するならば、世帯分離を検討してみましょう。

おわりに

介護サービスの自己負担額は、じわじわ上がってきています。高齢社会となり、働き世代が減少するなか、これからも負担額が上がる可能性は大いにあるでしょう。自分自身の将来のことも視野に入れて、介護保険の仕組みをきちんと知っておくことが重要です。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む