保険見直しSOS > 生活お役立ちコラム > 貯金を成功させるための方法と考え方!6個のステップで貯金を始めよう

貯金を成功させるための方法と考え方!6個のステップで貯金を始めよう


お金がどうしても貯まらない、気づけば通帳の残高がヤバいというあなたは、貯金に対する考え方を根本から変えることが必要です。貯金を成功させるための方法と考え方を、6つのステップで解説します。今日から改めて貯金をスタートさせましょう。

貯金しようという意気込みだけでは失敗する

貯金は、「お金を貯めよう!」と意気込んだだけではたまりません。お金を貯めるためには、具体的な戦略が必要なのです。それには、まず自分の現状を知ること、何のためにどのくらいのお金を貯めたいのか知ること、目標達成のために何をすべきか知ることが必要になります。

「やることがたくさんあって混乱する!」という人のために、貯金においてやるべきことをやる順に紹介していきましょう。ステップに従って実行すれば、お金は必ず貯まります。

貯金を始めるための6個のステップ

現状を把握する

まずは現状を把握することから始めましょう。自分のお給料がいくらなのか、副業などの副収入があればそれもプラスして、月々どのくらいの収入があるかをつかみます。そして、支出についてもきちんと把握しましょう。たとえ面倒と感じても、1ヶ月だけでも家計簿をつけてみると、月々の支出額がつかめるはずです。

貯金ができない人は、単純にひと月の支出が収入を超えてしまっているということになります。しかし、実際に家計簿をつけてみると、「そうでもないな」と首をかしげるはずです。

そう、日々の生活費は、家計にそう響くことはありません。問題なのはたまの冠婚葬祭で生じる交際費や、「自分へのご褒美」として買ってしまう数ヶ月に一度の大きな買い物、年金や税金です。月々の平均的な支出が収入の8割程度に収まっていないと、突発的な支出に耐えられません。

まずは、収入と支出のバランスが合っているかを確かめましょう。合っていない場合は、どこかを切り詰めます。大幅に合っていなければ、転職を考えるべきかもしれません。

貯金の目的を具体的に決める

貯金のモチベーションを保つには、貯金の目的を具体的に決めるのが一番です。あなたは何のために貯金がしたいでしょうか。「2年以内にローンなしで新車へ乗り換える」など、ハッキリした目標があればいいのですが、「いざというとき困らないように」では、漠然とし過ぎです。でも、多くの人が、そんなふうに漠然と貯金したいと思っていますよね。

「いざというとき」がどんなときなのかを考えましょう。よく言われるのが、「何らかの事情で1年間仕事ができなくなったときにも耐えられるように」、1年分の年収を貯蓄しておく、というものです。これならわかりやすいですね。このように、貯金の目的と金額を設定しましょう。

貯金用の口座を作る

給与を受け取る口座と、貯金用の口座を分けておくと、どれほど貯金ができたのかがわかりやすくなります。積立口座を作り、月初などに自動で一定の金額が引き落とされるように設定しておけば、否応なしに貯金ができます。

固定費を見直す

収入と出費の金額差がなさすぎて貯金ができないという人は、現在の固定費が本当に最適な範囲なのかを見直してみましょう。光熱費、通信費など毎月必要になる出費を減らせれば、年単位で見ると大幅なコストカットになります。

光熱費に関しては、節水シャワーヘッドを取り付けるといった小さな節約から、電気・ガス会社を乗り換えるといった大きな節約まで、工夫が結構できます。通信費に関しては、携帯代とネット代をまとめられないか、携帯を格安スマホにできないか検討します。

予算を決めて買い物に行く

「安売りしているから」「一目ぼれしてしまったから」と、あれこれ買ってしまっていませんか。買い物は、予算を決めていきましょう。食費や日用品費、娯楽費などは、月初に手取りから予算を振り分け、それぞれ別の財布に予算額を入れておきます。残額がひと目でわかって効果的です。

家計簿をつけて収支を見える化する

貯金をするためには収支を見える化するのが必須で、収支を見える化するためには、家計簿をつけるのが一番です。今は便利な家計簿アプリがたくさんあるので、気軽に始められます。長続きするポイントは、品目一つひとつを記録するのではなく、ざっくりレシートごとに記録するなど、毎日の作業をシンプル化することです。

保険など節約効果が大きいものから見直していこう

貯金のコツの中でも注目したいのが、固定費を見直すことです。光熱費や通信費の他に、保険料を支払っている人も多いのではないでしょうか。保険に加入して数年経過している人はとくに、見直しをおすすめします。もっとおトクな保険が登場しているかもしれません。最新の資料を取り寄せてみましょう。

おわりに

どんなことを試してみても、どうしてもお金が貯まらない!と悩んでいる人は、一度お金のプロに相談してみるのも一つの手です。家計の相談に応じてくれるファイナンシャルプランナーのもとへ駆け込めば、必ず打開策を教えてくれますよ。他人にハッパをかけられれば、モチベーションアップにも効果的です。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む