保険見直しSOS > 保険の種類 > 毎日乗るものだからこそ…自転車事故に備えておきたい保険を徹底解説

毎日乗るものだからこそ…自転車事故に備えておきたい保険を徹底解説


通勤や通学に自転車を使う人は多く、車やバイクと違い免許が不要な自転車は気軽に誰でも利用できる便利な乗り物です。

しかし、誰でも気軽に乗れるからこそ事故に遭う危険性が高く、いつ自分が被害者になるかわからない乗り物とも言えます。
また事故に巻き込まれるだけでなく、こちらが加害者となる可能性も低くはありません。

そこで今回は、いざという時の自転車事故に備えて知っておきたい自転車保険についてお話します。

自転車保険とは

自転車保険とは、簡単にいうと自転車にまつわる事故を補償する保険のことです。
自身が事故に巻き込まれて被害者になった際の治療費や、逆に事故を起こしてしまった際の賠償金を補償します。

主な保険の内容としては、自転車事故により死亡した際の死亡保険金や、ケガを負った際にかかる治療費の給付金などが挙げられます。
治療費給付金は入院の有無により支払いの可否が変わる場合がありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

また自分の過失で相手にケガを負わせてしまった場合は、相手への損害賠償金を補償する「個人賠償責任補償」が付帯されている保険もあります。

その他、示談交渉の際の相談サービスなど保険会社によってその保険の内容は変わるため、様々な保険会社の商品を比較すると良いでしょう。

自転車保険加入が義務化されている自治体

自治体によっては、自転車保険への加入が義務づけられている地域もあります。
それぞれの自治体により「義務化」や「努力義務」など加入義務の内容や程度は異なるため、詳細を知りたい場合はお住まいの自治体に直接確認しましょう。

自転車保険加入が義務化された自治体の多くは、すでに自転車事故で高額賠償問題が発生した地域です。
小さな子供が起こした自転車事故により、保護者へ数千万円の賠償金支払い命令が出た事例も存在します。
そういった教訓から、徐々に多くの自治体での自転車保険加入が義務づけられているのです。

自転車保険に入るメリット

被害者にも加害者にもなり得る自転車での事故は、やはり万が一に備え自転車保険に加入しておくべきだと言えるでしょう。
ここでは、具体的な自転車保険に入るメリットを2つご紹介します。
普段自転車に乗らない人も、ぜひこれを読んで自転車保険への加入を検討してはいかがでしょうか。

1.高額賠償の際の金銭的負担を減らせる

すでに上でもお伝えしましたが、過去に自転車事故により高額の賠償金を命じられたケースは多くあります。
賠償金額が1,000万円を超えるケースも珍しくなく、この金額を何のためらいもなくすぐに支払える人は少ないでしょう。
自転車は軽車両として扱われるため、事故を起こした際は車と同じ重大な責任が発生するのです。

自転車で事故を起こしてしまった際も、あらかじめ自転車保険に加入しておけば相手への治療費や物の破損費用などが保険金により軽減できます。

小さなお子様がいる家庭などは、自分の目の届かないところで子供が事故を起こしてしまう可能性もゼロではありません。
そういったリスクに備え、自転車保険へ加入しておくべきだと言えます。

2.トラブルの際に相談できる

自転車事故を起こしてしまった時、あるいは逆に事故に巻き込まれてしまった時に、専門の人に相談できると心強いですよね。
保険会社の商品によっては、事故でトラブルが起きた際に弁護士へ相談できるサービスを付帯している保険もあります。

自身の代わりに弁護士が示談金の交渉をしてくれる保険もありますので、万が一事故を起こしてしまった時には支えになってくれるはずです。

また弁護士相談サービスの他にも、突然の事故で自転車での走行が不可能になってしまった場合のロードサービスなど、自転車保険には様々な補償がついているのがメリットだと言えます。

高額賠償になった例

自転車保険へ加入しようか検討している人へ向けて、最後に自転車事故により高額賠償になった事例を紹介します。

神戸で起きた、男子小学生が夜間に歩行中の高齢の女性と自転車で衝突したケースでは、事故後も女性の意識が戻らず少年側家族へ9,521万円の賠償金が命じられました。

また男子高校生が車道を斜め横断しようとし、対向車線を直進してきた男性と衝突。対向車線から直進した男性には言語障害が残り、男子高校生側は9,266万円の賠償金支払い義務が発生しています。

実際に事故に遭った人が身近にいなければ、なかなか自分事としてとらえるのが難しいですよね。
こういった事例を知ることで、自転車事故は自分とは関係のない世界の話だと思わず、当事者意識を持って考えて頂ければと思います。

さいごに

自転車での事故は、被害者だけでなく加害者も不幸にします。
また当事者同士だけでなく、その家族や恋人など周囲の人を巻き込み大きな問題に発展するのが自転車事故です。

自転車に乗る人はそのリスクをよく理解し安全運転を心がけるとともに、万が一に備えて自転車保険へ加入しておくのが乗り手としての責任だと言えるでしょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む