保険見直しSOS > 保険の種類 > 持ち家じゃなくても入れる!?賃貸に住んでいる人こそ知っておきたい家財保険のこと5選

持ち家じゃなくても入れる!?賃貸に住んでいる人こそ知っておきたい家財保険のこと5選


私たちが知るべき保険の種類は、生命保険や死亡保険など身体に関わるものだけではありません。
自身が住む家に関する「家財保険」についても知識を深める必要があるのです。

自分では気をつけていても、予期せぬ事故により家財が傷つくことは多々起こりえるので、大切な家財が被害を受けた時のことを想定し、あらかじめ家財保険へ加入しておくことはとても重要と言えます。

そこで今回は、大切な家財を守る家財保険についてお伝えします。

家財保険とは

家財保険とは、火災、水災、水濡れなど様々な事故で家具や家電が被害に遭った際に保険金としてカバーしてくれる保険です。

家財保険に似た保険に「火災保険」がありますが、これは家具や家電ではなく建物本体が被害を受けた時に補償してくれる保険ですので、家財保険とは異なります。

家財とはテレビや冷蔵庫など大型の家具・家電だけではなく、洋服や本、雑貨など生活に必要な道具一通りを指します。
家にまつわる広範囲の道具一通りの被害をカバーしてくれる家財保険は、万が一の事故に備えて加入しておくべき保険のひとつと言えるでしょう。

一人暮らしの単身者はもちろん、家族の人数が多い家庭であればそれだけ家財の数は増えます。
自分だけではなく家族の大切な家財を守るという意味でも、この家財保険については知識を深めておくことが重要です。

家財保険の対象となる事故とは

それでは具体的に、どういった事故であれば家財保険の補償対象になるのかをここでは紹介します。
家財のトラブルは誰にでも起こりえることですので、ぜひ自分に置き換えて考えるようにしてください。

1.水漏れによる家財破損

自室ではなく、他者の部屋(マンションの上階など)で発生した水漏れ被害により自室の家財が破損した場合でも、家財保険の補償を受けることが可能です。

また水漏れの例としては、配水管の破裂により家財が傷を負った場合も補償の対象となります。

2.火災・風災・水災などの天災による家財破損

火災により家具が消失してしまった、台風により窓ガラスが割れ家財が被害を受けた…こういった災害による家財の被害も家財保険で補償されます。

特に台風のような天災の場合は家財の被害が大きくなりやすいため、家財保険により保険金が下りるのは非常にありがたいと言えるでしょう。

3.泥棒・空き巣による盗難被害

留守中に空き巣が家に入り、家財を盗難した事例も家財保険の対象になり得ます。
また家財だけでなく、現金が盗まれた場合も家財保険では補償が可能です。

ただこの場合、補償の上限金額は保険会社により異なりますので、保険会社ごとによく確認しておくと良いでしょう。

この3つの他にも爆発事故や落雷など、家財保険にはありとあらゆるトラブルをカバーする役目があります。
幅広いトラブルに対応できる家財保険は、住居に住む人であれば誰しもが加入を検討すべき保険だと言っても過言ではありません。

持ち家でなくても入れるの?

持ち家に住む人だけでなく、賃貸住宅に住む人であっても家財保険には加入できます。
家財保険とは、自分の所有する「家財」に対する保険ですので、持ち家か賃貸かは関係ありません。

火事や落雷などで自宅が被害に遭った場合、建物の破損であれば火災保険でまかなえますが、テレビや冷蔵庫、洋服や雑貨類など自分自身が所有する家財が被害に遭った場合は火災保険でカバーすることは難しいのが一般的です。

そんな時に家財保険に加入していれば、新しい家財を揃える費用一式を保険金でカバーできます。
新たに家財一式を揃えるのには高額な費用がかかるため、家財保険はそういった金銭面での負担を軽減する役割があると言えるでしょう。

建物を補償する火災保険にしか加入しない人は多いですが、万が一のことを考えると家財保険へも加入しておくと安心です。

保険料の相場は?

保険会社によって保険料は変わるため一概にいくらとは言えませんが、年間1万円程度というのが相場になるようです。

家財保険単独で保険に加入する人は少なく、多くの人は火災保険とセットで加入しますので、各保険会社のセットプランを見比べながら、最も希望に合う保険を選ぶと良いでしょう。

また家財の被害を補償するだけでなく、懇切丁寧なサポートサービスが付帯されている保険など家財保険には様々な種類があります。

保険会社ごとの家財保険の詳細な内容についてはインターネットで確認ができますので、一度覗いてみると良いかもしれません。

さいごに

「自分の家は丈夫だから、わざわざ家財保険に加入する必要はない。」
そう考えていた人も、今回の記事をきっかけに家財保険への加入を検討していただければと思います。

特に賃貸住宅にお住まいの人は、家のトラブルは自分だけの問題ではありません。
その住宅を提供してくれている、大家さんにも迷惑をかけることになります。

家のトラブルは自分だけの問題ではないということを念頭に置き、建物だけではなく家財についての補償についても今一度よく考えるようにしましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む