保険見直しSOS > 保険会社 > ほけんの窓口で働きたいと思ったら!保険に関する求人情報を紹介します

ほけんの窓口で働きたいと思ったら!保険に関する求人情報を紹介します


安定したイメージの強い、保険業界への就職を希望する人は多いでしょう。
特にそのなかでも、お客さんとの距離が近い「ほけんの窓口」の仕事に興味がある人もいるかもしれません。

そこで今回の記事では「ほけんの窓口や保険会社で働くということ」についてお話しします。

記事の最後には、「保険業界の求人情報を見つけたらすべきこと」についてもお伝えしますので、現在保険業界の求人を探している人はぜひ参考にしてください。

ほけんの窓口とは

よくテレビコマーシャルで目にするほけんの窓口とは、保険会社と消費者の間に立つ仲介役の仕事を指します。

保険に馴染みがない人にとって「どんな保険に加入すべきか」や「保険加入にはいくら費用がかかるのか」など、保険に関する疑問は後を絶ちません。
そういった諸々の相談に乗ってくれるのが、ほけんの窓口です。

基本的に相談はすべて無料で受けられますので、保険に対する知識がゼロの人でも気軽に相談ができます。

ほけんの窓口で働く場合は、消費者の相談を聞く店頭スタッフの職種に就くケースが多いでしょう。

保険の仕事とは

大卒で保険会社に就職した場合は、基本的には事務職か営業職のどちらかに振り分けられます。

事務職はその名の通り、社内の事務仕事(営業のサポート、電話応対など)に従事します。
営業職であれば、外回りしながら新規顧客を探すのが主な仕事となるでしょう。

また保険販売のスタイルも、日系と外資系の会社で大きく異なります。

日系の保険会社は、女性が営業マンとしてチラシを配ったり名刺を渡したりしながら顧客を捕まえてくるのが特徴の営業スタイルです。
一方外資系の場合は、外回りではなく代理店の店頭で保険商品を販売するのが基本的な営業スタイルだと言えます。

一口に保険会社といっても「事務職か営業職か」や「日系か外資系か」で働き方が変わるため、事前によく調べておくことが重要です。

ほけんの窓口で求人はしている?

ほけんの窓口は、通常の就職活動・転職活動と同じようにインターネット上で求人を募集しています。

転職サイトから求人を探すこともできますし、自治体によってはハローワークからも募集をかけています。

保険会社の総合職であれば大卒が応募条件のところは多いですが、ほけんの窓口スタッフであれば高卒から応募可としているケースも珍しくありません。

ほけんの窓口スタッフのなかにはFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っている人も多く、FPの資格を持っていると採用されやすい傾向にあります。

求人情報を見つけたらするべきこと

ほけんの窓口や保険会社に就職するために、現在インターネットで求人情報を探している人もいるかもしれません。

そんな人に向けて、ここでは求人情報を見つけた後にするべきことについてお伝えします。

1.業務内容についてよく調べる

先ほど少しお伝えしましたが、就職したい保険会社が「日系か外資系か」によって業務内容が大きく異なります。
そのため気になる求人情報を見つけたら、その会社が「日系か外資系か」、そして「どういった業務内容の職種を募集しているのか」をよく調べることをおすすめします。

たとえば外回り営業が苦手な人が日系の保険会社に就職すれば、入社後は心身ともに辛い想いをして、最悪の場合は早期離職へ繋がってしまうかもしれません。

自分に合った職種に就くためにも、気になる会社の業務内容については嫌と言うほどリサーチすることが重要です。

転職サイトなどで口コミを検索すると、その会社で働いていた元社員の生の声が聞けるため参考になります。

2.会社の社風が合うか検討する

一般的な傾向として、保険業界は体育会系の社風の会社が多いです。
どこの会社も他社に負けないよう新規保険加入者を必死で探しているため、ある程度厳しい業界であるというのは仕方がないでしょう。

ただ残念ながら、そういった体育会系の環境が合わず保険業界から去って行く人が多いのも事実です。
そのため保険業界の会社へ就職を考えるなら、入社後はしばらく大変だということを覚悟する必要があります。

就活や転職でエージェントを使う場合は、エージェントの担当者にあらかじめ入社を希望する会社の社風について探りをいれておくと良いかもしれません。

3.複数の求人情報を集めて比較する

日本には、中小企業も合わせて多くの保険関連の会社が存在します。
それぞれの会社によって給料や条件、社風が異なるため、自分に合った会社を見つけるためにも複数の会社を見比べると良いかもしれません。

複数の求人情報を比較することで、自分が保険業界でどういったキャリアを築いていきたいのかが明確になるはず。

それぞれの会社の違いを知るためにも、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

さいごに

これから少子高齢化が進む日本では、これからさらに保険業界の需要は高まっていくことが予想されます。
実生活にも役に立つ知識が身につく保険業界は、一度経験として働いておくにはおすすめの世界です。

保険の仕事には、今回紹介したほけんの窓口や保険会社の事務職、営業職など様々な職種が存在します。
自分に合った会社に就職できるよう、ぜひ今回の記事を参考にして頂けたらと思います。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む