保険見直しSOS > 保険の種類 > 加入するか迷っている人必見!子どもが生まれたら大切なのは学資保険?貯金?

加入するか迷っている人必見!子どもが生まれたら大切なのは学資保険?貯金?


子供の教育に関わる「学資保険」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
現在お子さんがいない家庭であっても、将来に備えてこの学資保険については理解を深めておく必要があります。

子供が生まれた時に備えて、学資保険に加入するか自身で貯金をするかは、早い段階で考えておくと良いでしょう。

今回の記事では、学資保険への加入を検討している人に向けて「学資保険のメリット」と「貯金とどちらが良いのか」という件についてお話をしていきます。

学資保険とは

学資保険とは、子供の教育にかかる費用を準備するための保険です。
他の保険と同様に、毎月一定額の保険料を支払うことで、子供の成長に合わせて保険料を受け取れる仕組みになっています。

子供が中学や高校へ入学するタイミング、大学受験に成功したタイミングなどで学資保険は「お祝い金」として受け取りが可能です。

教育費は、どこの家庭にとっても家計の大部分を占めます。
学費だけでなく、給食費や塾へ通わせるお金など、子供が大きくなるにつれ何かと費用はかさんでいくでしょう。

子供の成長に合わせた節目節目で保険料が受け取れる学資保険は、子供に満足した教育環境を提供するのに役立つ保険だと言えます。

学資保険に入るメリット

教育費の負担を軽減する学資保険ですが、ここでは学資保険に加入する具体的なメリットについてお伝えします。
今現在、学資保険に加入すべきか検討中の人は参考にして頂けたらと思います。

1.返戻率が高い

学資保険のメリットは、圧倒的な返戻率の高さにあります。
返戻率とは、支払った保険料に対して受け取れるお金の割合のことを言います。

多くの学資保険はこの返戻率が100%を超えており、実際に支払った保険よりも多くの金額が貰えることを表しています。

保険料を払いながら資産を増やすことができる学資保険は、他の保険商品と比べてお得な商品だと言えるでしょう。

「金融商品を購入して失敗するのが怖い」という人でも、学資保険であれば着実に安定して資産を増やせるため安心感があります。

2.もしもの場合は保険料が免除される

保険料を支払っている人(両親)が事故や病気などで亡くなってしまった場合、あるいは働けない状態になり収入が途絶えてしまった場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

両親のどちらかの収入が途絶えてしまえば、多くの家庭は一気に家計が苦しくなること間違いありません。
そんな時に保険の支払いが免除される学生保険は、もしもの事態にも安心の保険商品だと言えるでしょう。

もちろん保険の支払いが免除になっても、今まで支払った分の保険料を考慮して祝い金は受け取れますので心配はいりません。

3.確実に貯蓄ができる

保険加入に気が乗らない人は、もしかすると「保険に加入しなくても自分で貯金すれば良い」と考えているのではないでしょうか。

確かに自分で定期的に貯金をするのも悪くはありませんが、学資保険を活用すれば「強制的に」貯金ができます。

自分で定期預金に貯金をしていても、家計が苦しいときはついついその貯金に手を出したくなってしまうもの。
学資保険の場合は途中で解約すると元本割れする可能性が高いため、家計が苦しくても学資保険に手を出そうとは思わず我慢ができるはずです。

学資保険と貯金だとどちらが良い?

学資保険と貯金、どちらの方法で子供の教育費用をカバーしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

すでに十分な蓄えがあり、子供の教育費用に一切の不安がないという状態であれば学資保険へ加入する必要はないかもしれません。
とても低い確率ではありますが、保険会社が倒産した場合、学資保険は9割しか返却されません。
こういった保険会社倒産のリスクを考えると、すでに潤沢な貯金がある人は自身で貯金したほうが安心でしょう。

ただ教育費用がまだ十分に貯金できていない場合は、返戻率の高さや節税効果など様々なメリットが得られる学資保険のほうが、貯金するよりも着実に資産を増やせてお得だと言えます。

迷ったら相談してみよう

今回ここでは学資保険のメリットについてお伝えしましたが、それでも何かと疑問は多いかもしれません。

保険について何か疑問点や不明点があるときは、保険のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談しましょう。

FPは保険だけでなく、将来の人生設計に関わるあらゆる相談に乗ってくれます。
きっと、お金にかかわる不安を解消する手伝いをしてくれるはずです。

インターネットで検索すると無料で電話相談を承っているFPが多数いますので、学資保険や子供の教育費用について心配な人は一度相談してみることをおすすめします。

さいごに

現在子供がいなくても、将来的なことを考えて早めに学資保険について知識をつけておくのは悪いことではありません。
子供が生まれてから教育費用について悩むのではなく、早め早めに準備を進めておくようにしましょう。

今回紹介した学資保険は、あらゆる保険商品のなかでも利回りが良くお得な保険だと言われています。

教育費用をカバーするだけでなく安全に資産を増やせる学資保険は、加入を検討する価値のある保険の一つだと言えるのです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む