保険見直しSOS > 保険の種類 > 入院予定の方必見!今からでも入れる保険を知っておけば安心して治療に専念できる!

入院予定の方必見!今からでも入れる保険を知っておけば安心して治療に専念できる!


これから入院を控えた人には、治療や手術など不安なことがたくさんあります。
それに加え通院と違い入院は、病院に宿泊するための費用がかかります。健康面だけでなく費用面についても、心配なことが多いのではないでしょうか。

入院費用を気にせず治療に専念するためには、早い段階で保険へ加入しておくことをおすすめします。

そこで今回の記事では、これから入院を控えた人に向けて、保険加入の必要性やメリットについてお伝えします。

医療保険に加入していますか?

皆さん、医療保険には加入していますか?

会社が加入している健康保険以外に、民間の保険に加入している人はそう多くありません。
ちょっとしたケガや病気で通院する程度であれば、会社の保険だけで医療費をカバーできるでしょう。
しかし入院して治療する場合は、会社の健康保険だけでは補償しきれないケースが少なくないのです。

入院中は会社に出勤できないため、しばらくの間は収入がストップしてしまいます。
金銭的な面で苦労しないためにも、万一の入院に備えた医療保険には加入しておくべきだと言えるのです。

入院中は保険に加入できない

「実際に入院してから保険に加入すれば問題ない」と考える人もいるかもしれませんが、入院してからでは保険に加入はできないため注意してください。

保険とは、病気にかかったり事故にあったりした時に治療費の一部を補償してくれる仕組みのことを意味します。
つまり、実際に病気や事故にあってからでは保険には入れないのです。

保険は、相互扶助で成り立っています。
保険における相互扶助とは、保険加入者の誰かが病気や事故で身体が不自由になれば、今まで皆が納めた保険料から治療費を補償しようという考え方です。

こういった背景から、入院してからの保険加入は不可能だということは覚えておく必要があるでしょう。

生命保険・医療保険に加入していれば受け取れるもの

これから入院を予定している人は、入院前に保険へ加入しておくことが大切です。
たとえこれから入院することがわかっていても、保険会社によっては保険審査が通るところも少なくありませんので根気強く探すことが重要だと言えます。

そこでここでは具体的に、生命保険や医療保険に加入していればどんなメリットがあるのか、保険に加入していることで受け取れるものについてお伝えします。

1.高額療養費

高額療養費とは、1ヶ月に支払った医療費が収入に対して多すぎた場合、高額療養費として後ほど還付される制度のことを指します。

病気の内容によっては、高額な治療費がかかり会社の健康保険だけではカバーできません。
そういった時に高額医療費として後々還付されるのは、医療保険が持つ大きなメリットだと言えるでしょう。

またあらかじめ医療保険加入時に所得のわかる証明書を発行してもらえば、医療機関の窓口では自己負担限度額しか治療費を支払う必要がありません。

手持ちの現金に余裕がない人は、医療保険加入時にあらかじめこの「所得区分の認定証」を発行してもらうと良いでしょう。

2.傷病手当金

入院している間は、会社へ出勤できません。
そのため入院期間中は、収入がストップしてしまう人がほとんどではないでしょうか。

そんな時にこそ大助かりなのが、傷病手当金です。
傷病手当金とは、入院して収入が途絶えている間の生活費を補償してくれる費用のことを言います。

金額でいうと、会社で勤務している時の報酬の3分の2程度が支払われることになります。
最長で1年6ヶ月支払われる傷病手当金は、休業中で収入がストップした際の生活を支えてくれる重要な役目があるのです。

3.各種特約

医療保険や生命保険には、様々な特約が付帯されています。
特約には様々な種類があり、女性特有の病気にかかった時の「女性疾病特約」や、高額な費用を必要とする治療を受けた時の「先進医療特約」など、特約はそれぞれの病気に合った手厚い補償をしてくれるのです。

特約は自身で選んで追加契約する形になるため、何か気になるものがあれば積極的に契約すると良いでしょう。
保険会社によって特約の内容は異なるため、複数の保険会社の保険商品を比較することをおすすめします。

入院が必要になる前に保険に加入しよう!

身体が元気なうちは意識しないかもしれませんが、実際に入院してから保険加入について意識し始めるのでは遅すぎます。
早い段階で保険に加入しておくことで、万が一の病気や事故による金銭的負担を軽減できるのです。

「まだまだ自分は元気だから大丈夫」なんて過信せずに、保険については真剣に考えるようにしましょう。

ほけんの窓口など多くの保険ショップでは、保険に関する相談に無料でのってくれます。
どういった保険に加入すべきかよくわからない人は、まずはほけんの窓口のような無料で相談にのってくれる機関に足を運ぶところから始めても良いかもしれませんね。

さいごに

入院中は、収入がストップしてしまう不安や治療に対する心配など、様々な問題でストレスが溜まります。
入院中で不安な時に、治療費に対しても気にし始めたら治療に集中はできないでしょう。

入院中の不安や心配を最小限にするためにも、入院する前から保険へ加入しておくことは重要だと言えるのです。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む