保険見直しSOS > 保険の種類 > 社会人になったら!就職したら加入を検討したい保険の種類3選

社会人になったら!就職したら加入を検討したい保険の種類3選


これから社会人になる学生の皆さんは、就職後の保険加入については何か考えているでしょうか?

学生のうちは両親が保険について手続きをしてくれましたが、就職後は自分の意志で必要な保険に加入しなければいけません。
今まで保険に馴染みがなかった人にとっては、どんな保険に加入すべきかわからないのが当然です。

そこで今回の記事では、就職後に加入を検討すべき保険のお話をしようと思います。
就職前の時間に余裕がある今のうちに、保険に関する知識はつけておくようにしましょう。

就職したらひとりの大人

年齢に関わらず、就職をしたらもう「ひとりの大人」として社会からは認識されます。
お金や将来に関する諸々の手続きは、両親ではなく自分で進めていかなければいけません。

そういった諸々の手続きのなかでも、特に考えなければいけないのが保険加入についてです。
新入社員の頃は若くて身体も元気なため、保険に対する意識が薄い人がほとんどでしょう。

しかし病気や事故は、いつ自分の身に訪れるかはわかりません。
元気に働ける新入社員のうちから、保険への加入についてはよく検討すべきだと言えます。

貯金と並んで大切なのが「保険加入」

将来に備えて貯金を頑張る人は多いですが、保険加入について真剣に考える人はあまり多くありません。

保険は万が一病気や事故にあった時、金銭的に助けてくれるセーフティーネットの役割を果たします。
毎月一定額の保険料を支払うことで、自分の身に何か起った時は保険金として支給してくれるのです。

ちょっとしたケガや短期の入院であれば、今まで貯めてきた貯金で対処することは可能かもしれません。
ただ、交通事故によって障害を負った際や大病を患って長期入院した際など、貯金では賄えないほどの高額医療費が発生した時にこそ保険が必要となるのです。

どの保険に入るといいの?

「将来に備えて保険加入を検討すべき」ということがわかっていても、実際問題どんな保険に加入すべきかを理解している人は多くないでしょう。

そこで今回は、入社したての新入社員が加入を検討すべき保険を2つ紹介します。

1.医療保険

医療保険については、「新入社員は加入しなくていい」という声をよく聞きます。
若くて身体が健康な新入社員は、生死を脅かす大病にかかる可能性が低いことが理由として挙げられるでしょう。

ただ気をつけなければいけないのが、会社の医療保険では先進医療の費用までは補償してくれないという点です。
もしも難病にかかって高額な治療を受ける場合は、自分で負担をしなければいけません。

病気のリスクは誰にでも平等にありますので、保険料の安い商品でも良いので医療保険への加入は検討することをおすすめします。

2.がん保険

年々がん患者が増えている日本では、いくら年齢が若いからといって自分ががんにかからない保障はどこにもありません。
特に最近では乳がんなど女性特有のがんは、20代でかかる人も多く見受けられます。

長期の入院費や抗がん剤治療費など、がんにかかると金銭的な負担はかなり大きいものです。
会社で働くことが出来なくなれば収入もストップしてしまいますので、健康体のうちからがん保険へ加入しておくと良いでしょう。

がん保険に加入しておけば、健康保険だけではカバーできない高度医療が受けられる可能性が上がります。
「お金がなくて治療が受けられない」なんて想いをしないため、がん保険への加入は真剣に検討しても良いかもしれません。

新入社員は保険に勧誘されやすい

上記では、新入社員が加入を検討すべき2つの保険についてお話しました。

ただ保険加入の際に気をつけて欲しいのが、保険会社のセールスレディに言われるがまま契約を結んではいけないということです。

入社したての新入社員は、ほぼ全員がまだ何の保険にも加入していません。
そのため保険会社のセールスレディは、まだ何も保険加入していない新入社員を自社の保険に加入させようと必死で勧誘してくるでしょう。

悪質な場合、新入社員には支払いが厳しい高額な保険商品を勧めてくることもあるため、言われるがままに加入してしまわないよう注意してください。

誰に相談すればいいの?

保険について不明点がある場合、まずは会社の保険関連を担当する福利厚生部門に質問しに行きましょう。
特に大手の場合は、保険に関する部署が存在するため相談に乗ってくれるはずです。
会社で加入している保険はどういった内容なのかを確認し、会社の保険だけではカバーできない保険に自ら加入すると良いでしょう。

民間の保険の知識をつけたい場合は、街中にあるほけんの窓口へ足を運ぶこともおすすめです。
ほけんの窓口では複数の保険会社の保険商品を紹介してくれるため、そのなかから自分に合った商品を選べます。

さいごに

学生時代は何も意識してこなかった保険について、就職後は自分の意志で加入をすべきか決定する必要があります。
身体が健康なうちは保険の必要性をあまり感じないかもしれませんが、実際に身体が不自由になってから考えるのでは遅すぎるのです。

就職前の時間に余裕がある今だからこそ、自分の将来を守る保険についての知識はつけておくようにしましょう。

この記事を読んでる人はこんな記事も読んでます

人気!保険相談会社ランキング(総合)

ほけんの窓口

総合5

ほけんの窓口は、無料で保険相談を行っている保険相談会社です。テレビCMなどではお馴染みですので、保険相談会社といえば「ほけんの窓口」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。保険について初心者でも、より中立的な立場で保険選びをサポートしてくれます。

ご利用者の声

私が今まで加入していた保険は、世にある多くの保険の会社を比較し何度も検討していたので、とても時間がかかって大変だったのですが、ほけんの窓口へ相談に行き、見直しをしてもらったところ、あっという間に完了しました!内容にももちろん大変満足しています。(30代・女性・Aさん)

ほけんの窓口の口コミ・評判をもっと読む

アフラック

総合4

アフラックは「よくわかる!ほけん案内」という無料の相談窓口のサービスを行っています。はじめて保険に加入される人は、保険に関する知識が全くなくても保険選びの全てを一から丁寧に説明してくれます。プロの診断を受けることで適切な保険選びができます。

ご利用者の声

保険について右も左もわからず、どの会社のどの保険に入るべきか全くわからなかったのでアフラックの相談窓口で相談したところ、自分にもそして家族にも良い保険を選ぶことができ、本当に感謝しています。交通事故で入院した時も申請して一週間以内に給付金が貰えたので大変助かりました。(40代・男性・Aさん)

アフラックの口コミ・評判をもっと読む

イオン保険マーケット

総合4

イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。

ご利用者の声

イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。見直しするいい機会となりました。(30代・女性・Mさん)

イオン保険マーケットの口コミ・評判をもっと読む